2016年05月22日 | チバタカコ

札幌の夜はエルムガーデンの「ひょうたんライト」で、ディナーはいかが?


札幌エルムガーデンのひょうたんライト展
 

観光やビジネスで、何度か札幌にいらしている道外の皆さん、そして地元札幌の皆さん。たまにはしっとり、旬の食材で味わう日本料理はいかがですか?ひょうたんのライトが、初夏の札幌の夜をロマンチックに演出します。

 

歴史ある「エルムガーデン」で「ひょうたんライト」の夜を

高級料亭「エルム山荘」が前身で、60年以上にわたる歴史を引き継ぐ「エルムガーデン」。藻岩山の山麓にある閑静な住宅街にあり、1,000坪の広大な日本庭園を眺めながら旬の食材で彩られた日本料理を楽しむことができます。
そのエルムガーデンで、5月19日(木)~6月19日(日)の間、「ひょうたんライト展」が行われています。これは、群馬在住でひょうたんを使ったライトやランプを制作している須田芳己さんの作品を展示・販売するというもの。

 
札幌のエルムガーデンのひょうたんライト

札幌のエルムガーデンのひょうたんライト
 
ひょうたんライトは、須田芳己さんが栽培したひょうたんに、穴を開けたり、その穴にビーズをはめたり、カタチを切り取ったりして、さまざまなデザインを施したもの。ひょうたんという自然素材なので、一つとして同じ形はなく、デザインも手作業のため、一つひとつのひょうたんライトは、世界でただ一つの作品になります。

 
札幌のエルムガーデンのひょうたんライト
 

ひょうたんライトの中で、料理長の特選会席を

期間中は、エルムガーデンの空間が、そのひょうたんライトで演出され、とても幻想的でロマンチックなムードに!
 

札幌のエルムガーデンのひょうたんライトレストランのアプローチから、すでにひょうたんライトの演出が
 

札幌のエルムガーデンのひょうたんライト▲玄関から廊下、階段、ホールまで、さまざまなひょうたんライトが出迎えてくれます

 
ひょうたんライト展期間中のディナータイムは、小林料理長による特選会席を味わうことができます。ひょうたんライトで彩られた空間の中でいただく料理は、また格別。「料理のテーマは『初夏』です。今の時期しか食べられないもの、旬の食材を活かしています。ひょうたんライトをつくってくださっている須田さんが群馬の方なので、群馬の特産物であるこんにゃくも使っています」と、小林料理長は話してくれました。
 

札幌エルムガーデンの料理長、小林正和▲エルムガーデン料理長、小林正和さん
 

エルムガーデンひょうたんライト展の特選会席▲ひょうたんライト展の特選会席の先付。彩り、味、美しい盛り付けに、これから始まる会席コースへの期待が一気にふくらみます

 

ひょうたんライトのワークショップ

ひょうたんライト展開催前日の5月18日、須田芳己さんによるひょうたんライトのワークショップが行われました。定員30人のところ34人が参加。須田さんの軽快なトークで、とても和やかなワークショップになりました。
 

ひょうたんライト用のひょうたん▲ひょうたんライト用のひょうたん
 

ひょうたんを選ぶ▲好きなひょうたんを選ぶことから始まり、道具の使い方などをレクチャー
 

ひょうたんライトの制作者須田さん▲ひょうたんライト制作の須田芳己さん
 

ひょうたんライトのワークショップ

参加者の皆さんは、思い思いのデザインでつくった自分だけのオリジナルひょうたんライトに大満足の様子でした。
 
ビジネスや観光で札幌に来て、夜はラーメン、ジンギスカン、居酒屋で海鮮料理や寿司…というのもいいのですが、たまには札幌の歴史を受け継ぐお店で、本格的な日本料理はいかがですか?いまなら、ひょうたんライトでより思い出深い札幌の夜になるかもしれませんよ。

 

エルムガーデンひょうたんライト展

●期間 / 2016年5月19日(木)~6月19日(日)
●特選会席 / お一人様6,000円、8,000円、10,000円(サービス料別)
※詳細はお問い合わせください。

 

 関連リンク

エルムガーデン
ひょうたんライトのココダッテ

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌の夜はエルムガーデンの「ひょうたんライト」で、ディナーはいかが?
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close