雪かきは、なまら大変だー!「除雪用具」

今年は雪がすごいです!冗談抜きで、なまら大変!
朝から玄関前、車庫前を除雪し、帰宅したらまた、こんもり積もった雪を除雪。なんだか、朝から晩まで除雪ばっかりやっているみたいです。

 

 
各家庭には、必ず除雪用具があります。それも、1本、2本じゃありません。雪質、雪の状態、雪の量などによって、用具を使い分けるのがコツ。
「雪かき」「雪はね」「雪投げ」などいくつか表現があり、これも微妙なニュアンスで使い分けてるんですよ。総体的には「雪かき」で全て通用します。
「雪はね」は、軽く積もった雪をササっとはね飛ばすイメージ。「雪投げ」は、ドカッと降った大量の雪を、ちょっと遠くまで投げ捨てるイメージです。

 

 
それでは、様々な種類の除雪用具をご紹介しましょう。
ホームセンターに行けば、たくさん揃っているはずだ!と思い、「ホーマック スーパーデポ北野通店」に行ってきました。

 
 

 
例えば、これ。

 

 
名前の所以は定かではありませんが、いつの頃からかジョンバと呼ばれるようになったようです。この赤いジョンバは、高確率で各家庭にある1本です。

 

 
数年前からは、柄の曲がったものが出てきています。
これは、雪を遠くに投げ捨てる時、腰の負担を軽くし、より楽な姿勢で使うことができる優れ物。
「雪をかく」のではなく、押し出すための道具が「プッシャー」と呼ばれるものです。幅の広い場所の作業に便利です。

 

 
いろいろなメーカーが、より使いやすく、より楽に作業ができるように商品開発をしています。
表面がボツボツになっているのは、エンボス加工と言って、雪離れをよくするための工夫。

 

 
また、一部のメーカーでは、部品が交換できるものもあるそうです。
 
道産子ならわかると思いますが、ジョンバのプラスチック部分だけ割れてしまったり、柄が折れたりした経験はありませんか?そんな時、壊れた部品だけ交換できると便利ですよね。

 

 
そして、これ!通称ママさんダンプ。

 
 

 
大量の雪が運べるので、広い駐車場や玄関アプローチに使います。子供の頃、これに乗って引っ張ってもらったことがある人もいるのでは?
除雪作業は、一家総出で取りかかることが多いので、子供用の用具もあるんですよ。

 

 

 

 
屋根に積もった雪が、軒先まで届くようになると、落雪事故の原因にもなります。そこで、屋根の雪下ろしが必要になります。
そんな時に便利なのが、雪庇(せっぴ)を崩すアイテム。これも、いろいろなものがあります。

 

 
固い雪には、スコップを使い、氷割にはツルハシが必需品。最近は、力の弱い女性でも簡単に氷割ができる、アイスピックタイプのアイテムも登場しています。

 

 
用途に応じて用具を使い分けはしてみても、人力で作業することだけは変わりありません。これから北海道は、ますます積雪量が増えます。
朝起きた時、外の景色を見てうんざりすることも多々あるけれど、これが北海道の冬ですからね。除雪を、運動、ダイエットだと思って、精を出しますよ!
でも、やっぱり、めんどうくさーい!

 
 

取材・撮影協力ホーマック

http://www.homac.co.jp/
ホーマックfacebook
https://www.facebook.com/homac.official