賞味期限は買ったその日まで。大沼名物、沼の家の大沼だんご



買う時に必ず、「今日中に召し上がってください」と言われるお土産。美味しく食べてもらいたいため賞味期限は当日中にこだわり、100年以上販売されている大沼公園の名物土産、沼の家の大沼だんごです。

 

大沼公園の誕生とともに生まれた大沼だんご

沼の家の創業は1905(明治38)年。函館鉄道(現在のJR函館線)が開通し、軍川駅(現在の大沼駅)が開業した年です。当時の大沼周辺は原生林に囲まれていましたが、風光明媚な景観を活かし、大沼公園として観光開発が始まろうとしていました。創業者の堀口亀吉さんは大沼の将来性を感じ、1903(明治36)年に近隣の上磯町(現在の北斗市)から移住しました。





「観光地には名物が必要」と考え、奥さんが新潟出身だったため、お米を使ったもので勝負することにしました。
そこで誕生したものが、大沼だんごです。
指先ほどの小ぶりなサイズ、ツルンとした食感、折り箱に入っていて串刺しではなく楊枝を刺して食べるスタイル。食べやすさと美味しさが話題になりました。
 




1907(明治40)年にお店の目の前に大沼公園駅が開業すると、多くの観光客が訪れるようになり、大沼だんごは大沼観光の名物として定着。それ以来、戦時中の混乱期での休業を除き、創業以来同じ場所で100年以上販売され続け、現在は4代目の堀口慎哉さんが伝統の味を守っています。

 

大沼だんごは、ここに行かないと食べられない限定の味

大沼だんごを買うことができる場所は、大沼公園駅前にある店舗での店頭販売と、函館と札幌を結ぶJR特急の車内のみ。美味しく食べてもらうため鮮度にこだわることと、限られたスタッフだけで伝統の味を作るため、多店舗展開や百貨店などへの出店などはほとんどしないそうです。
 




もともとは創業以来、店舗と軍川駅(現大沼駅)での駅売りをしていましたが、駅売りは1993(平成5)年で打ち切り、1998(平成10)年から大沼公園駅でJR特急に積み込み車内で販売されるようになりました。
ちなみに、大沼だんごが折り箱に入っている理由は、店舗が駅前にあることと、駅売りをしていたことに由来します。駅弁のように積み重ねて販売できるうえ、揺れる列車内でもひっくり返らない安定感があるからです。
 




大沼だんごの種類は、「あんとしょうゆ」と「ごまとしょうゆ」の2種類。それぞれ、普通サイズと大きいサイズがあります。
 




「あんとしょうゆ」は、創業以来続く伝統の味。「ごまとしょうゆ」は大正時代の一時期登場し、約25年位前に復活したもので、JR車内では販売されておらず店舗での販売のみです。
 




JR特急以外では、ここに行かないと食べることができない味。空港などの土産物店にはほぼ並ばない、レア感も魅力の一つです。

 

大沼だんごは、できたてを味わえる

だんごは、自家製の新粉を蒸し、水で急激に冷やして、ツルンとした歯ごたえのある独特な食感を作り出しています。ただ、時間が経つと、どうしても固くなったり、味がわずかに変わってしまったりするそうです。そのため、賞味期限は製造日。
 




毎朝6時から仕込み、8時の開店時に商品を店頭に並べますが、売れ行きを見ながら随時店頭裏の作業場で折り詰めし、店頭に追加していくそうです。作り置きではなく、できたてにこだわっています。
だからこそ、店頭での販売にこだわり、購入者には必ず、「その日のうちにお召し上がりください」と伝えています。基本的には作りたて、少なくとも買ったその日のうちに食べてほしいそうです。

 



100年以上変わらず販売されている伝統の味。ここでしか買えない限定の味。その日のうちに食べないといけないできたての味。
大沼だんごは、わざわざ買いに訪れる魅力があるお土産です。