2013年01月07日 | チバタカコ

「氷下魚」 北海道の家庭料理シリーズ(3)

「氷下魚」。
 
さて、読み方わかりますか?
 
「氷下魚」と書いて「こまい」と読みます。氷下魚の由来は、厳冬期に氷を割って獲ったことからだそうです。北海道の海で獲れる魚で、我が家では、お父さんの晩酌のつまみに、よく「生干し氷下魚」が登場しました。

 

 
道内の居酒屋さんでは、結構メニューにも並びます。お土産屋さんに行くと「干し氷下魚」がありますよ。
 
こちらは、完全に干したもので、固いものは新聞を敷いて、ゲンノウでたたきながら柔らかくすると食べやすいです。こちらは次回、紹介しましょう。
 
今回は、干し氷下魚ではなく「生干し」の方を。
 
スーパーで売っていたのは、ちょっと小ぶりの氷下魚でしたが、旬なので身がよくしまっています。

 

 
軽く炙っていただきます。これには、マヨネーズと一味(七味)が必需品。箸ではなく、手で裂くようにすると、上手にさばけ、骨もきれいに取れます。
 
昔々、まだ家で石炭ストーブを焚いていた頃は、ストーブの上で炙って食べた経験のある人もいるのでは?

 

 

 

 
氷下魚も、北海道の冬の味覚のひとつ。道外で、もし見かけることがあれば、ぜひ試してみてください。本当においしいですよ!

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「氷下魚」 北海道の家庭料理シリーズ(3)
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close