2016年01月31日 | nobuカワシマ

雪国札幌、冬の運動不足解消術~中央健康づくりセンターにて~

中央健康づくりセンターのマシンジムアップ

雪深い札幌で暮らす皆さん、冬は屋外で身体を動かすことが少なくなるので、ついつい運動不足に…、という方が多いのでは?実は、札幌市内には安価で利用できる運動施設がいくつもあります。利用してみませんか?

 

こんな立派な施設があったの!?と驚き!

真冬のある日、札幌市中央区にある「中央健康づくりセンター」に行ってみました。

 
中央健康づくりセンター▲「中央健康づくりセンター」は、札幌市中央区役所の南側の道路を1本渡ると目の前にあります


3階が健康診断を行う健診フロア、4階がトレーニングや運動プログラムを実践することができる運動フロアです。今回は日頃の運動不足を解消すべく、運動フロアを訪れました。

 
中央健康づくりセンター受付▲まず利用券を購入します


利用料金は、1日たった390円!施設の中身を見て実感しましたが、これは激安です。
利用券を購入し受付を済ませ、更衣室で着替えたら4階の運動フロアへ。今回は特別に、運動指導員の方に施設を案内してもらいました。

 
中央健康づくりセンターの運動指導員▲案内をしてくれた、運動指導員の糠谷さん(左)と岸部さん(右)


運動フロアに入ってびっくり!天井が高く意外と広い空間です。また、隣接してストレッチをするための部屋があります。
運動フロアでは、エアロビクスのほか、ヨガやピラティス、健康体操や子ども向けのヒップホップなど、若い方でも年輩の方でも楽しめるプログラムが開催されています。これらは、利用料のみで受けられるものと、別途有料のプログラムがあります。

 
中央健康づくりセンターの運動フロア▲訪れた時、ピラティスのレッスン中でした


運動フロアを奥に進むと、さらにびっくり!立派なトレーニングマシンがずらりと並んでいました!

 
中央健康づくりセンターのトレーニングマシン▲さまざまなマシンが並んでいます


中央健康づくりセンターのランニングマシン▲テレビを見ながらランニングも


慣れている人なら、マシンをすんなり利用できると思います。でも、運動オンチ&機械オンチな私、使い方がさっぱりわかりません…。それでも大丈夫!運動指導員がマシンの使い方を教えてくれました。

 
中央健康づくりセンターのトレーニングマシンで運動中▲「腕を完全に伸ばしきらない位で、そうそう、そうです」と、超初心者にも丁寧に教えてくれました

 

どんな運動がよいかわかならい…、そんなアナタには「健康度測定」がおすすめ!

通常、マシンを使ったトレーニングは各自で行いますが、器具の扱い方がわからない場合、運動指導員の方が教えてくれます。
でも、どんな運動をしたらよいの?私にとってはどんな方法がよいの?と疑問に思う方もいるはず。そんな方には、3階の健診フロアで実施している「健康度測定」がおすすめ!
お医者さんや管理栄養士、健康運動指導士など、専門スタッフが自分に合ったプログラムを提案してくれます。

 
中央健康づくりセンターの健康度測定の結果▲自分の身体の通信簿。どうすれば効果的か、どのようなやり方がベストなのかを探ります


問診や血液検査などを行って健康状態や体力を確認して、その結果をもとに個別に運動指導をしてくれます。しかも、「健康度測定」を受けた人で、コレステロール値などが正常値を越えていた場合などは、特に運動が必要ということで、運動フロアの利用料が条件によって免除または半額になります。
「健康度測定」の費用は8,000円とやや値が張りますが、半年以内に会社などの健康診断で血液検査を受けている場合は、3,000円で受けられることもあるようですよ!!

 

超簡単!自宅でできる運動不足解消法はコレ!

真冬の札幌、寒いし雪がたんまりあるので、外に出ることすら億劫…、という方が実は多いのかも…。運動不足になりがちなこの時期、自宅でできる簡単な運動法はないのでしょうか。

運動指導員に聞いてみました。その答えは、スクワットです!

スクワットと聞くと、ハードそう!?
最初は1日数回、曲げる角度もゆるめでよいそうです。慣れてきたら、角度をきつくしてみたり回数を増やしてみたりしてみてみましょう。

 
中央健康づくりセンターでのスクワット▲スクワットの美しい姿勢を見せてくれました。このポーズがよい見本


「腹筋だとちょっと気合を入れないとやりにくいでしょうけど、スクワットならテレビを見ながら軽~くできます」
「少しやるだけで身体全体の代謝もよくなりますよ~」
と、運動指導員お2人ともにイチオシでした。

やる時は、つま先はまっすぐ、ひざを前に出し、股関節を曲げお腹をへこませるようにします。しゃがむ時、男性はガニ股に、女性は内股になりがちですが、足は並行のままで。

 
中央健康づくりセンターでのスクワット、ダメな例、のけぞり▲ダメな例その1。背中を張ってのけぞってしまってはダメ


中央健康づくりセンターでのスクワット、ダメな例、前かがみ▲ダメな例その2、前かがみになりすぎてもダメ


札幌市内には、今回訪れた中央健康づくりセンターのほか、JR琴似駅そばに西健康づくりセンター、地下鉄東豊線東区役所前駅そばに東健康づくりセンターがあるほか、各区にある体育館にも運動できるフロアがあり、マシンジムなどを安価で利用することができます。
※「健康度測定」は中央健康づくりセンターでのみ実施しています。

市内各所に、安価で身体を動かせる施設があります。札幌市民の皆さん、コレを利用しないのはもったいないですよ!

 

関連サイト

中央健康づくりセンター
西健康づくりセンター
東健康づくりセンター
札幌市の体育施設一覧

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 雪国札幌、冬の運動不足解消術~中央健康づくりセンターにて~
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)