2015年末、札幌市電が延伸開業、ぐるっと一周つながりました



2015年12月20日、札幌市電の札幌駅前通を走る区間、西4丁目~すすきの間が開通しました。市電の路線がぐるりと一周つながり、街中の風景がガラッと一変!日常の足として、観光のコンテンツとして、より便利になりました。

 

新規開通、というより、復活した札幌市電

札幌市電は、1909(明治42)年に石材輸送のための馬車鉄道が前身で、その後路面電車となり、少しずつ路線が拡大していきました。かつては札幌駅前や札幌駅前通、円山界隈など市内各所に走っていました。
ところが、地下鉄南北線が開通する前後に相次いで路線が廃止となり、1974(昭和49)年以降は、西4丁目から藻岩山の麓付近を経由してすすきのまでの路線のみとなりました。




ただ、西4丁目とすすきの間は約400メートルしか離れておらず、札幌駅前通や地下街を歩いても数分で行き来できます。路線図を見ると、札幌の中心部から南西部へ向かって大きなU字のような形をしています。始発から終点まで通して乗車する人は、鉄道好きな人くらい!?

距離が近く、買い物客や観光客が多い地区で利便性が高まるため、両区間をつなげて路線をループ化(環状化)することになり、2015年12月20日に開通しました。





開通とはいいますが、地下鉄ができる前は札幌駅から中島公園方面へ札幌駅前通を市電が走っていたので、正確には新規路線の開通ではなく、「復活」というほうが正しいかもしれません。




 

ループ化開通日、物珍しそうに眺める方々がいっぱい

約40年ぶりに札幌駅前通を走る市電。長いこと札幌で暮らす方にとっては懐かしい光景かもしれませんが、近年札幌で生活を始めた人にとっては、とても異色な光景。
びっくりしたように見つめる人、物珍しそうに眺める人、カメラやスマホをかまえる人。開通初日は、札幌駅前通周辺では、たくさんの人たちが市電を見つめていました。








この日は乗車する人も多くいたようで、電車内は大混雑。乗り場にも長い列ができていました。乗客はみな、新しくできた区間の車窓を興味津々で眺めていました。








ちなみに乗車料金は、どこから乗っても、どこで降りても、大人170円。ぐるっと1周しても170円なんです。こう聞くと妙にお得に感じてしまいます。

 

ループ化したら、札幌駅前通はこんな風景になりました

札幌駅前通をはじめ、街中の風景はガラッと変わりました。札幌市民の方は、開通して少し日が経ったので見慣れてきましたか?久々に札幌へ訪れた方や帰省した方は、きっとビックリされたのでは?
一番の特徴は、電車が道路の真ん中ではなく、歩道寄りの車道を走ること。サイドリザベーション方式といい、歩道から道路を渡ることなく電車に乗ることができます。





新しくできた電車乗り場には屋根があるほか、道路側が電車の乗降口以外はガラスや壁で覆われているので、安全性も高く、雪や風雨も吹き込みにくい構造です。さらに、電車が歩道のすぐ脇を通るので、危険防止のため歩道には新たに柵もできました。

さらに印象的なのは、4プラ前(4丁目プラザ前)のスクランブル交差点がこんな雰囲気に。





交差点のど真ん中を、電車がカーブして走っていきます。








地元の人のほか、近年は外国人観光客がたくさん訪れる狸小路商店街でも、電車が横切る様子が日常風景に。





おすすめは夜!
イルミネーションが輝く中を電車が走っていくのです。電車に乗って車内からイルミネーション鑑賞も楽しめますよ!





ループ化したことで、すすきの以南に住んでいる人たちが中央区役所などへ行くにも便利になりましたし、西15丁目方面に住んでいる人たちがすすきの方面へ飲みに行くにも便利になりました。
さらに、観光客の人たちの目に触れる機会も多くなり、楽しみやすくなりました。特に、狸小路と西4丁目の内回り路線は乗り場が歩道に面しているので、気軽にふらっと乗ってみたくなります。

日常の足として、そして観光のコンテンツとして、ぐるっと一周つながった札幌市電を活用しましょう!