お土産におやつに大人気!「ふらの雪どけチーズケーキ」

JR富良野駅から徒歩5分、スキー場のある北の峰町から車で7~8分。お土産や旅行中のおやつにぜひお薦めしたいのが、「菓子司 新谷(しんや)」の「ふらの雪どけチーズケーキ」です。




ほんのりシナモンが香るザクザクとしたタルト生地、甘酸っぱいブルーベリー入りの自家製山ぶどうジャム、ベイクドとレアの間くらいに焼き上げたチーズケーキフィリング、ふわふわでなめらかな口どけの生クリーム。

この4つのおいしさが見事に調和し、濃厚だけど後味さっぱりの絶妙な味わいを楽しめるのです。

 



タルト生地、そして2種のチーズをブレンドし、低温殺菌のふらの牛乳や卵黄を合わせたチーズケーキフィリングは、豊かな風味を出すために1日寝かせるなど、製造にはなんと3日もの時間をかけています。

販売は冷凍状態。解凍して食べるのですが、営業部の久保田千尋さんは、「濃厚さを味わうなら全解凍ですが、さっぱり食べたい方はアイスクリーム感覚で半解凍でどうぞ♪」。

プレーンのほかショコラや抹茶などバリエーションが豊富で、ラベンダーやメロンといった季節限定品も入れると10種類あるそうです。食べ比べして、お好きな味を見つけてくださいね。

 


 


「菓子司 新谷(しんや)」は、1914年(大正3年)に菓子問屋としてスタートして以来、長い時間、市民においしさを提供してきました。

「ふらの雪どけチーズケーキ」の他にも、富良野市が北海道のへそ(中心地)の町であることをPRする「へそのおまんぢう」や、スフレタイプの「ふらのチーズケーキ」といったさまざまな銘菓が揃っています。

 






「私たち作り手は、みなさまに安定した味をお届けするために、衛生管理を徹底するなど、当たり前のことに当たり前に取り組んでいます」と、パティシエの後藤利城さん。

 


 


富良野旅行の思い出の味にしてください!