仙台の「北海道どさんこプラザ」に行ってきました



懐かしい味から長く愛されている味まで、北海道のおいしさを集めたアンテナショップ、「北海道どさんこプラザ」仙台店に行ってきました。

場所は、JR仙台駅からアーケードを歩いて15分くらいでしょうか。県庁や区役所のあるエリアです。

こぢんまりとした店内には、食べ物から日用品まで、700種ほどの北海道発商品がぎっしり並びます。
 


 


品揃えについて、「日常的に食べられるもの、身近に使えるもの、という視点で〝北海道〟を切り取っています」と語るのは浅沼輝樹店長。

おすすめを訊ねると、「柳月(りゅうげつ)の三方六(さんぽうろく)ですね」。道産子なら知らないひとはいないであろう、ロングセラーのお菓子です。「チョコがかかったバウムクーヘンなんですが、しっとりとしておいしく、10切れにカットされていて食べやすいんです。おやつにぜひ!」とのことでした。

 


 

1番人気の商品はなに?

一方、売れ筋はというと、1番人気は「ビタミンカステラ」だそう。その他「炭焼さんま丼」「谷田のきびだんご」「やきそば弁当」などがトップテンにランクインしていました。みなさんのお気に入りも入っていますか?

 


北海道への出張や旅行で食べておいしかったもの、住んでいたときに好きだったものを求めて来る客が多いといい、仙台在住の北海道Likers編集部スタッフも、めざとくお気に入りの鮭とば「やわらかとば」を発見。

 


「北海道に行った時にはじめて食べて、そのおいしさに感動しました。北海道は珍味全般がおいしいと思いますけど、なかでも鮭とばは絶品です。ここでも手に入るとわかってうれしいです」。

入口ではソフトクリームも販売していました。

 


口どけなめらかで、ほかには夕張メロン味もあるようです。お買い物だけでなく、酪農王国・北海道のミルキーな味も楽しんでくださいね!