健康づくりのために普段どんなことをしていますか?札幌市保健福祉局「健康に関するワークショップ」開催しました



昨今、若い世代の皆さんは運動習慣がある人が少ない、と言われています。健康づくりのために、どんなことをしたらよいのでしょう?まわりの人たちが運動するようになるには、どんな働きかけをしたらよいのでしょう。

そこで、札幌市と連携した事業の一環として、健康に関するワークショップを、12月5日(土)に開催しました。札幌で暮らす、主に若い世代の皆さんが集まり、熱~いディスカッションをしましたヨ!

 

健康に関するワークショップを開催 



先月、北海道Likersのfacebookで、札幌市民の皆さんを対象に健康に関するワークショップに協力して下さる方を募りました。
 




今回いらした皆さんには、事前にアンケートを行い、大きく以下の4つのグループに分かれてディスカッションしてもらいました。最初に初対面同士で少しでも意見をしやすいように、という目的です(こちらで便宜上勝手に分けたので、必ずしもご本人の意向と一致しているわけではありません)。

1:健康意識高い系・健康オタク系
2:ストレス解消重視型
3:健康的な生活習慣系
4:ダイエット(食/運動)重視型

まずは主旨説明や挨拶をしたあと、本題へ。

 


 

ワールドカフェ形式で進行、皆さん、超真剣!



今回、ワークショップはワールドカフェ形式で開催されました。

ワールドカフェとは、何人かで会議をする時の進め方の1つのことです。
まず、与えられたテーマについて各テーブルで数人が議論をします。次にテーブルのホスト以外は他のテーブルへ移動し、そこのホストから前の議論の概要を聞いてからさらに議論を深めていき、最後に各テーブルホストがまとめの報告を全員にする、という手法です。
 




カフェでお話をするような感覚で議論を深めていくもので、堅苦しくなく気軽で、誰もが話をしやすい雰囲気になることが特徴です。

 



今回、話を進めやすいように、各チームへ付箋や模造紙とマジックペン、ホワイトボードを用意。また、カフェには及びませんが、お部屋の片隅にはコーヒーやお菓子も用意して、自由に飲食しながらお話しを進めてもらいました。

 



すると、皆さん初対面同士なのにすぐに打ち解け、議論が進む!進む!最後はもっと時間が欲しくなるくらい、さまざまな意見を出し合っていました。
 



 

 



 



「地下鉄の階段に、階段の段数ごとにカロリー表示あるよね、あれ、いいね」
「健康食のカフェとかあるよね」
「雪かきサークルを作ろう」
「年に1回大運動会をしてみたらどうだろう」
「仮装マラソンなんてどう?」
「facebookで仲間集めよう」

本当に、さまざまな意見が出てきましたよ!

 

健康づくりのために、皆さんならどうしますか?

休憩時間を含め、約4時間の熱~いディスカッションの結果がコチラ!

 

 




各チームさまざまな意見が出ましたが、ここでは結論をあえて出しません。あくまで、意見を述べ合っただけです。

今回のお話しに出た内容から、実際にどんなことができるのか、年明け試しにいくつか実践してみたいと思います。その様子を、1月末から2月にかけて、北海道Likersで紹介しますね!

さて、若い世代の皆さんがもっと健康づくりに取り組むようになるには、皆さんならどうしたらよいと思いますか?何かよいアイデアがある皆さん、投稿はお気軽に! 

最後に、この日の結果をまとめた資料を紹介します。文字が小さく読みにくいかもしれませんが…、参考にどうぞ!

 

 






 
▲「職場でできること、こんなインセンティブあったらいいな」とお話に出た内容をまとめました