冬道運転に「北の道ナビ」。「吹雪の視界情報」をチェック!



気がつけばもう年末。道内各地に帰省する際や、冬の北海道旅行を計画する際のお役立ちサイトが「北の道ナビ」です。気象の急変に先手を打ちゆとりある運転を!「北の道ナビ」から冬のコンテンツ「吹雪の視界情報」をご紹介します。

 

冬こそ活用!「北の道ナビ」

「吹雪の視界情報」コンテンツを運営するのが、札幌市豊平区平岸にある寒地土木研究所、通称、寒地土研。参事の堀さんと、雪氷チーム上席研究員で気象予報士の松澤さんに話を聞きました。

 


 



取材時に筆者も愛用する「北の道ナビ」。このサイトでは「距離と時間検索」機能やライブカメラで峠の通行状況が確認できる「峠情報」ほか、出張やドライブに役立つ情報が得られます。北海道の道路を管理する複数の機関や企業が協力し、1999(平成11)年の開設以来、改良を重ねて多くの人の安全運転に役立っています。
今回紹介するのは「吹雪の視界情報」コンテンツ。どんなことがわかるのでしょう?

 



まずはこのコンテンツを運営する雪氷チームの事務所を拝見。雪氷チームにとって冬は繁忙期、みな業務に集中しています。例えば道路脇で見かける防雪柵の研究も、このチームの課題で、機能の改良は重要な研究業務のひとつだそうです。

 


 

「吹雪の視界情報」とは?

気象予報士である松澤さんほか、2名の有資格者が気象庁のデータを元に道内の気温や風速などを独自に分析。11月20日から翌年3月末の朝6時から21時まで、吹雪に関する視界の情報をはじめ、気象の予測状況を発表しています。さらにドライバーがほしいエリアを指定し登録することで、スマホなどに注意情報が配信されるという一連のサービスが「吹雪の視界情報」です。

 



ここで提供されるのが視界(視程)の情報。「視程障害」とは1度降った雪が風で舞ったり、雪が継続して降り続いたりすることで起きる、道路の見通しが悪くなる現象です。このサイトでは「良好」から「著しい視程障害」の5段階で、視覚的に注意を喚起しています。いまから行く道内エリアの注意情報は、安全運転のためにも、移動する前にサイトをチェックすることをお奨めします。

 



「冬の北海道では、出かける前にいた町で晴れていても、目的地に向かうにつれて急速に崩れ、運転に危険を感じるような荒天に見舞われることがあります。道路や対向車線がわからなくなる視界不良に遭遇しないよう、ドライバーがこれから向かう地域に起きる吹雪の可能性を、当サイトで把握し、安全な町で雪雲をやり過ごすなど判断材料を提供することが『吹雪の視界情報』の目的です」(堀さん談)。

 

道内で起きている視界不良を共有!

取材時(2015年12月9日)は、全道で降雪が観測されない日でした。いま起きている吹雪の状況は見られなかったので、過去の道路状況を「北の道サポーター」が投稿した情報で、サイトのイメージを教えていただきました。

 



この仕組みに賛同し協力するドライバーが投稿した情報が、地図上で位置とともに示されます。松澤さんが●の部分をクリックすると、日時や場所をはじめ視界の度合、ドライバーが現場で感じたコメントが現れます。画面にはこんな情報が。

日時:2015 / 12 / 5 15:17
投稿者:Nさん
現場:京極町 国道276号
視界:不良(200〜500m)
天候:雪
コメント:路面でスリップでしょうか大型トレーラーが転落して、渋滞気味です。安全運転で通行してください。

 



コメントでの投稿もあれば、画像とコメントでの投稿もあります。情報を寄せてくれるのが登録サポーターのドライバー。現在約530名がボランティアで協力し、さらに拡大募集中です。吹雪に遭遇した際に個々がアップした吹雪の情報は、直近3時間分がサイトに掲示。時間を越えたものは過去情報に蓄積されます。
「道内で起きている吹雪の情報を、登録サポーターの感覚と言葉で発信・共有することで、局地的に起きる吹雪の危険をドライバーは知り、回避の対応がとれるのです」(松澤さん談)。

 

最新情報で安心・安全運転を

ドライバーが互いに知らせ合い、安全を呼び掛ける北海道ならではの助け合い「吹雪の視界情報」。このサイトでは警戒情報を受けられる配信サービスも行っています。「お住まいの周辺など、情報を得たい範囲が設定できるので、北海道民のドライバーはぜひ登録をお奨めします」と堀さん。
町と町の距離が離れている北海道では、このサイトを知っていると安心感が増しますね。

 



「吹雪の視界情報」サイトは雪氷チームの5名が担当し、気象予報士が冬の間、情報を発信しています。「このアイディアの原型は約10年前からありました。『道内を運転するドライバーに吹雪の情報を視覚的に提供したい』という思いで、私たちは技術的な改善を加え、このサイトをつくりました」と松澤さん。
吹雪に遭遇する事故や災害を、1件でも防ぎたいという思いは熱いのです!




 



冬道は気が抜けません。スケートリンクのような凍結路面、デコボコ道、ブラックアイスバーンなど思わぬ危険が潜むことも。「吹雪の視界情報」ほか、北の道ナビにあるお役立ちコンテンツを活用し、楽しい冬道ドライブにお出かけください!

 

 

関連リンク

「北の道ナビ」サイト(北海道の道路情報総合案内)

「吹雪の視界情報」(「北の道ナビ」サイト内のコンテンツ)
情報提供期間 11月20日〜3月31日(2015年度の運用期間)
※降雪状況で変動します。ホームページをご確認ください

メール配信サービス(無料)
北海道の吹雪に関する視界情報の配信や、気象予測状況をお知らせしています。ご利用には登録が必要です。

吹雪の投稿者「北の道サポーター」を募集
「北の道サポーター」として冬期間、北海道内の道路の吹雪状況を投稿していただけるボランティアを募集しています。