2015年12月17日 | T・H

小樽の旧くて新しいまちの縁側「(旧)岡川薬局」

小樽の歴史的建造物「旧岡川薬局」は、地域の薬局としての役目を終えた後、地元の建築家によって改装され、現在はカフェ、レンタルスペース、ゲストハウスとして活用されています。小樽のまちの縁側をめざす、旧くて新しい「(旧)岡川薬局」。装いを新たにした内部と、そこで繰り広げられている取組みとは?

 
南小樽のまちの賑わいをつくっている「(旧)岡川薬局」。歴史的建造物のもつ懐かしい雰囲気とモダンな内装が目を惹きます▲南小樽のまちの賑わいをつくっている「(旧)岡川薬局」。歴史的建造物のもつ懐かしい雰囲気とモダンな内装が目を惹きます


1930(昭和5)年に建てられ、かつて地域の中心地として栄えた南小樽の老舗薬局として地元の人々に親しまれてきた「岡川薬局」は、屋根窓や石造り風のモルタル壁などこだわりのデザインを贅沢に取り入れた外観が印象的で、小樽市指定歴史的建造物としてもよく知られています。
薬局を閉める際にやむなく解体されそうになりましたが、昔から補修に関わっていた地元工務店所属の建築家が「待った!」をかけ、愛着のあった建物を活用しながら保存していく新しい取り組みを実現。気軽に利用できるカフェを呼び水に、イベントやライブ向けにスペースの貸し出しや、ゲストハウスを運営するなど、たくさんの人が使いやすく、心地よく集まることができる「場」づくりを実践しています。

 
入口には懐かしい「くすり屋さん」のサイン。小樽市指定歴史的建造物の看板もしっかり掲げられています▲入口には懐かしい「くすり屋さん」のサイン。小樽市指定歴史的建造物の看板もしっかり掲げられています

 
中に入ると解放感のあるおしゃれなカフェスペースが。ソファ、座椅子、色々なスタイルの座席から、お気に入りを見つけてくつろいでみては▲中に入ると解放感のあるおしゃれなカフェスペースが。ソファ、座椅子、色々なスタイルの座席から、お気に入りを見つけてくつろいでみては


白を基調としたシンプルな内装に、一瞬、かつての薬局の様子はなくなってしまったかのような印象を受けますが、カフェのカウンターになっているのは調剤室の渡し口。2階の天井に残る吊金具の跡やさりげなく置かれている薬瓶など、建物の中にこっそり隠れている薬局グッズにその名残を見つけることができます。

 
ガラスの窓にはしっかりと「調剤室」の文字が!▲ガラスの窓にはしっかりと「調剤室」の文字が!

 
コーヒーに添えられた砂糖とミルクは試験管の中に▲コーヒーに添えられた砂糖とミルクは試験管の中に

 
天井に並ぶ謎のフックは、薬を保管していた戸棚にアクセスするためのキャットウォーク吊金具の跡だそう。こっそり残している薬局時代の名残に、建物が担ってきた役目に対する尊敬の気持ちが表れているよう▲天井に並ぶ謎のフックは、薬を保管していた戸棚にアクセスするためのキャットウォーク吊金具の跡だそう。こっそり残している薬局時代の名残に、建物が担ってきた役目に対する尊敬の気持ちが表れているよう


建物奥のかつての居住エリアにある和室は、日本の伝統的な住空間を楽しみながら宿泊できるゲストハウスとして活用されています。畳、屏風、掛け軸、ふすま…和の雰囲気は、海外からの観光客にも人気とのこと。
 
螺鈿の装飾が入った座卓、繊細なつくりの欄間、障子には雪見窓など、建て主のこだわりが詰まった贅沢なしつらえが健在の和室。今もその姿を間近で見られるのは、大切に手入れされ続けてきた証拠です▲螺鈿の装飾が入った座卓、繊細なつくりの欄間、障子には雪見窓など、建て主のこだわりが詰まった贅沢なしつらえが健在の和室。今もその姿を間近で見られるのは、大切に手入れされ続けてきた証拠です


宿泊施設を利用するのは、観光客だけではありません。(旧)岡川薬局では、カフェ手伝いの労働力と宿泊費を等価交換する「ワーキングステイ」というユニークなシステムを採用していて、旅費が負担になりがちな学生にもよく利用されています。取材時にもワーキングステイを利用して本州から来た学生さんにお会いしました。カフェスタッフとして働きながら、以前から来たいと思っていた小樽の滞在を楽しむそうです。
 
筑波大学で環境デザインを専攻している望月さん。「(旧)岡川薬局を見つけて、憧れの北海道に来ることができました!」。すっかりスタッフの一員に見えましたが、実はこの日のお昼に北海道に着いたばかりだそう▲筑波大学で環境デザインを専攻している望月さん。「(旧)岡川薬局を見つけて、憧れの北海道に来ることができました!」。すっかりスタッフの一員に見えましたが、実はこの日のお昼に北海道に着いたばかりだそう


懐かしい街並みが残る南小樽にある(旧)岡川薬局の取り組みは、歴史的建造物のあたらしい活用事例として注目され、小樽のまちの担い手を増やすきっかけをつくっています。

人と人とが緩やかに交流する、まちの縁側のような(旧)岡川薬局。小樽を訪れたときは、(旧)岡川薬局でひと休みしながら、旧くて新しい小樽のまちの未来を想像してみては。
 

明るい光が差し込む日中のカフェもいいですが、夕方からの落ち着いた雰囲気もステキ。夜はイベントの利用が多いので、事前にHP等で営業予定のチェックをお忘れなく▲明るい光が差し込む日中のカフェもいいですが、夕方からの落ち着いた雰囲気もステキ。夜はイベントの利用が多いので、事前にHP等で営業予定のチェックをお忘れなく
 

関連リンク

(旧)岡川薬局
小樽市HP(市指定歴史的建造物)

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 小樽の旧くて新しいまちの縁側「(旧)岡川薬局」
  • Google+

Writer

T・H

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)