北海道土産にユニークなキャラメルはいかが?「お土産キャラメル」

ジンギスカン、スープカレー、がごめ昆布をキャラメルにすると、どんな味?

 
牛乳、バター、てんさい糖。北海道は、おいしいお菓子やスイーツをつくる材料が豊富です。が、そこにちょっとひとひねり加えたら、なんともユニークなキャラメルができあがりました。
 
 
まずは、北海道らしい果物を使ったキャラメル、「北海道ハスカップキャラメル」と「北海道夕張メロンキャラメル」。
 
ハスカップは、北海道の勇払原野に自生している「すいかずら科」の仲間で、夏になると黒紫の実をつけます。ジャムやドリンクに使われることが多い実ですが、キャラメルになると、ちょっと甘ずっぱいハスカップの味と香りが広がり、思わず夏の北海道を思い出しました。
 
 
夕張メロンは、北海道Likersでも紹介しましたので、今さら言うまでもありませんね。
 
【フード】『めっちゃ美味いで~!! 夕張メロン♪』
http://www.hokkaidolikers.com/articles/1941
 
一口噛むと、ぎゅーっと濃厚な夕張メロンの味。夕張生まれの私も、「これは、すごい!」と思いました。
 
 
 
キャラメルになるのは果物だけではありません。北海道Likersでも紹介した、ネバネバが特徴の「がごめ昆布」もキャラメルになっていましたよ。
 
【フード】ねば、ねば、ねば、ねば、ねばー!「がごめ昆布」
http://www.hokkaidolikers.com/articles/231
 
 
昆布なので、さぞかし出汁が出てるのか…と思いきや、ちゃんと甘みがあり、噛んでいると…なんとなく、どことなく、がごめ昆布のあの特徴が感じられます。
 
潮っぽさを感じるのは、材料に粉末昆布が使われているからでしょうか。
 
道南食品によると、発売開始は2007年3月で、がごめ昆布らしさを出すのに、かなり試作を繰り返したとのこと。がごめ昆布に注目が集まるようになり、このキャラメルもじわじわと人気が出てきているそうです。
 
 
さて、ここからは、想像力をMAXにしてくださいね。
 
「マジックスパイススープカレーキャラメル」。
 
札幌で人気のスープカレー屋さんの名前がついた、スープカレー風味のキャラメルということですが、さっそく食べてみました。
 
まず、匂いがすでにカレーです。一口噛むと、キャラメルだけどピリっとした辛さがあります。口の中で溶けてなくなる頃、スパイシーな後味が残ります。キャラメルなのにカレー風味は、不思議な感覚ですよ、これは。
 
 
最後は、「ジンギスカンキャラメル」。
 
ジンギスカン風味のキャラメルの味はというと…むむむ。
 
 
これを開発した、札幌グルメフーズの長屋さんに、お話をうかがいました。
 
「発売開始は平成14年です。最初は、市販のジンギスカンのタレを使ってみたりもしたのですが、どうもうまくいかず、試行錯誤の結果『香料』でジンギスカン風味を出すことに成功しました」とのこと。
 
8~9年程前、テレビのお昼の人気番組で、出演者が「なにこれ!まずい!」と言ったのがきっかけで、なぜが大ブレイク!
 
食べ物なのに、「まずい」と言われていいんですか?と尋ねると、「話題性があって、いいんですよ!おかげさまでロングランのヒット商品です」と話してくれました。
 
 香料で絶妙なジンギスカン風味をつくりだしたキャラメルは、ぜひ一度お試しあれ!職場や学校の仲間と一緒に味わうと盛り上がりそうですよ!
 
 
お土産店に行くと、この他にもさまざまな北海道のお土産キャラメルが並んでいます。北海道ならではの素材を用いたものも多く、お土産話と一緒に渡すと喜ばれそう。
 
北海道に来たら、ぜひ一つ、いかがですか?
 
「北海道ハスカップキャラメル」「北海道夕張メロンキャラメル」「ジンギスカンキャラメル」に関する問い合わせ先
●㈱札幌グルメフーズ
TEL:011-865-0141
 
「函館がごめ昆布キャラメル」に関する問い合わせ先
●道南食品㈱
TEL:0138-51-7187
http://www.dounan.co.jp/
 
「マジックスパイススープカレーキャラメル」に関する問い合わせ先
●㈱アンヌプリ
TEL:0120-26-2283