「Ribbon余市黒ぶどうソーダ」北海道限定発売

Ribbonナポリンでお馴染みのRibbonブランド。そのワンランク上の「Ribbonプレミアム」として、余市産の黒ぶどうを使った「Ribbon余市黒ぶどうソーダ」が、11月16日から北海道限定で発売されます。これは、ちょっと贅沢な味ですよ。





余市産黒ぶどうがソーダになりました

「Ribbon余市黒ぶどうソーダ」は、余市産の「黒ぶどう」と呼ばれているキャンベル種の果汁を使用しています。キャンベル種特有の華やかな香り、さわやかな甘さと酸味が特徴で、それがシュワシュワとした炭酸飲料になりました。



写真提供:余市町



ワンランク上の「Ribbonプレミアム」ですが、北海道Likersライターチバタカコの個人的な感想として、今回の「Ribbon余市黒ぶどうソーダ」は、よりゴージャス感、贅沢感を感じるのですよ。なぜだろう…と思ったら、それはきっとグラスに注いだ時の深い赤色のせいかもしれません。





キャップを開けた瞬間、甘酸っぱい黒ぶどうの香りがふわ~と広がります。そして一口飲んだら、思わず「わ、ぶどうだ!」と言いたくなるはずです。後味もベタつかずすっきりしているので、食事のシーンにもおすすめです。
これから年末、お正月にかけて集まりが多くなる時期ですが、このシックな色合いとシュワシュワ感は、パーティシーンに似合いそうですよ。
北海道限定発売なので、来道中の皆さんは、お見逃しなく。



関連リンク

ポッカサッポロ北海道株式会社