昭和2年から愛され続ける金時豆の「標津羊羹」

北海道東部の中標津(なかしべつ)町で、小豆ではなく金時豆の羊羹を見つけました。昭和2年に誕生したというロングセラー、「菓子司 はせ川」の「標津羊羹」です。

 

 

店舗があるのは中標津町なのに、なぜ「標津」という名前が付いているのかというと、「お菓子が誕生した頃、中標津町は標津村だったから」と同店代表の長谷川裕一さん。
昭和50年代には店舗と工場が分業。現在は「標津羊羹」のほか、それぞれのオリジナルのお菓子も売っています。

 

 

「標津羊羹」の甘みには、砂糖ではなくビートを使っています。金時豆は白あんの原料としても知られているとおり、もとはもう少し白っぽい色ですが、火にかけながら練るうちにビートの色が変化し、写真のようなこっくりとした飴色になるそうです。ちなみに、金時豆もビートももちろん北海道産です。

 

 

食べてみると、やさしい甘さです。あくまで主観ですが、小豆の羊羹よりあっさりしているような感じがしました。

 

上記写真の小さいサイズは仕事中の糖分補給にもぴったり。いつも机に常備しておきたいくらいです。

 

もうひとつ、中標津町出身者が帰郷した際に、その味を懐かしんで買いに来ることが多いという、お菓子を紹介します。

 

蒸しどら焼き「杜の樹」です。発売してしばらくは「おちば」という名前だったそうで、いまでも「おちばください」と来店する客がいるといいます。

 

 

ほかにも中標津の名前がついた銘菓がたくさん揃っています。

 

 

ドライブや旅の途中で、いろいろ味わってみてくださいね!

 

 

関連リンク

菓子司 はせ川