日高・新冠の森で森林浴をしながらホーストレッキング



新千歳空港から車で約1時間半、日高地方の新冠(にいかっぷ)町にある「にいかっぷホロシリ乗馬クラブ」は、日高の森の中で森林浴をしながらホーストレッキングを楽しめます。乗馬経験ナシでも大丈夫、気軽にチャレンジしてみませんか?

 

馬産地ならではの乗馬クラブ

新冠町は毎年1,000頭以上の仔馬が生まれる馬産地。にいかっぷホロシリ乗馬クラブは元々、地元での乗馬普及活動のために、青少年向けの練習場所として作られました。
現在では観光客をはじめ、乗馬に触れる機会がない人にも楽しんでもらえるよう、体験メニューを用意しています。





今回体験したメニューは、初心者でも楽しめるベーシックな約50分の体験プラン。初心者向けとはいえ、自然を満喫しながら乗馬できる、かなり満足度の高い内容です。

 

いざ、乗馬体験へ!

受付を済ませたら、ブーツとヘルメットを借りて着用します。準備ができたら、いよいよ騎乗。スタッフに乗り方を教えてもらいながら、踏み台を使って恐る恐る馬に跨ります。





ちょっぴりドキドキしながら馬に跨り、全員が騎乗するのを待ちます。馬はおとなしいので、しっかり跨っていれば落ちることはないので大丈夫。

最初に20分くらい、馬場の中で馬の基本操作を教えてもらい、練習で馬場の中を数周します。よく調教された馬なので、概ね前の馬の動きについていきます。まるで自動運転の乗用車のよう…!?




 

日高の森の中を馬でお散歩

馬場での練習を終えると、いよいよ馬場の外へ。





馬場の脇にある通路を過ぎ、森の中へと入ります。





森の中は天然の日傘に覆われているよう。木洩れ日が心地よいです。
森の中へ進んでいくと、人が歩くには少々困難なほど草木が茂っている場所もありました。でも、サラブレッドの細くて長~い足なら問題ナシ。すいすい進んでいきます。でも、座高がかなり高いので、飛び出している木の枝には要注意、気を付けないとぶつけちゃいますよ。








途中、スタッフがポイントごとに草木についてなど案内もしてくれました。木々の間から太平洋をチラリと眺めることも可能。葉が少ない秋の紅葉時期以降から来春くらいまでは、さらによく見えるハズ…!

20分少々、森林浴をしながらホーストレッキングを楽しんだあと、森から出てきて馬場の先にある厩舎前へ帰ります。





厩舎前に到着して、乗馬体験は終了。最後に1つサービスが。
皆さん、乗馬した自分の姿を写真に撮りたいですよね。でも、馬に乗っていると、自分の姿は撮影できません。お友達同士で撮りあうとしても、両手は手綱を握っているのでカメラ操作できません。
そこで、スタッフが撮影をしてくれます。





日高の森の中で楽しむホーストレッキング。スタッフがつき、ヘルメットやブーツも貸してもらえるので初心者にはとっても安心です。
しかも、予約なしで訪れても、空きさえあれば騎乗できるという気軽さです(ただし、確実に乗りたい場合は1本電話してから訪れるのがベターです)。
さらに、ナリタセンチュリー号やクーリンガー号など、重賞勝馬で種牡馬経験もある馬に乗ることもでき、指名も可能!競馬ファンならたまらないのでは?
乗馬してみたいという皆さん、季節を問わず、いつでも気軽に体験できますよ。チャレンジしてみませんか?