ミルキーな餡がたっぷり♡浜頓別町の「牛乳もなか」

北海道北部、オホーツク海に面した酪農と漁業の町、浜頓別(はまとんべつ)町に、おいしい最中があります。

その名も「牛乳もなか」。「松屋菓子店」の銘菓です。





「牛乳もなか」は、その昔、酪農の現場で使われていた、牛乳を入れる集乳缶を平たくした形をしており、表面には牛と牧場、サイロが描かれています。

皮の中身は、牛乳入りの白あん。バターやコンデンスミルクも使われ、こっくりミルキーな味わいです。

発売は1963年。当時、酪農の町としてグングン成長していた浜頓別町において、知人から、「なにか牛乳を使ったお菓子をつくらないか」と提案を受け、考案したのだといいます。

何度もの失敗を経験し、半年以上かけて生まれたこの味は、もう半世紀以上、愛され続けています。





またもうひとつの人気商品として、「松の実最中」も忘れてはいけません。こちらは、町の木である赤エゾマツがモチーフ。





中には、黒いあずきのつぶ餡が、「牛乳もなか」と同様にたっぷり入っています。





どちらもちゃんと甘いので、おやつとしての満足度が高い!日本茶だけでなく、コーヒーにも合うんですよ。




浜頓別町に行った時には、ぜひ、食べてみてください。


▲創業1933年の「松屋菓子店」。国道275号沿いにあります