おいしい旭川、今年もやります!「北の恵み 食べマルシェ」



実りの秋、収穫の秋…ときたら、食欲の秋!そして北海道は、今まさに実って、収穫できて、何を食べても、おいしくて、おいしくて、なまらおだっちゃうシーズンなのです。北海道の味覚でおだつ(※)なら、旭川を目指しましょう!

 

旭川がおいしさであふれる5日間

今年の旭川「北の恵み 食べマルシェ2015」は、9月19日(土)~23日(水・祝)の5日間。旭川駅前広場・平和通買物公園を中心に、北・北海道産自慢の食材、グルメが大集結します。






旭川市は、札幌市に次ぐ道内第2の拠点都市。今や全国区の人気スポット旭山動物園や旭川ラーメン、旭川家具など、魅力いっぱいの街です。その旭川が、街を挙げてのグルメ三昧、それが「北の恵み 食べマルシェ」です。

 

食べる、買う、観る。もしかしたら、あさっぴーにも会える?

「北と南のグルメ広場」は、鹿児島県南さつま市との姉妹都市提携を記念して、南さつま市と旭川市を中心としたご当地グルメを一堂に集めた特別エリア。会場は旭川駅前広場です。
北・北海道地域の食材を使ったグルメコンテスト「ワンハンドフードコンテスト」も行われます。来場者の人気投票で大賞などを決定するというものですが、ここから新しい北・北海道グルメが誕生するかもしれません。




会場のステージでは、市内の郷土芸能や市民によるパフォーマンスなどのステージイベントを開催。会場の雰囲気を盛り上げます。








西武旭川店A館8階催事場では「屋内マルシェ」、JR旭川駅では「駅マルシェ」も開催。食べるだけではなく、お土産選びも楽しそう。




そして、会場のどこかで出会えるかもしれないのが、旭川のキャラクター、あさっぴーとゆっきりん。
あさっぴーは、もともとゴマフアザラシの男の子でしたが、ある日憧れのホッキョクグマに変身して、旭川のハッピーを願うヒーロー「あさっぴー」として誕生したそうです。
ゆっきりんは、あさっぴーの幼なじみのキリンの女の子。ある日、大好きな旭川の雪と融合した姿に変身しました。普段は気が強いけど、本当は優しい女の子、だそうです。





食いダメというのができるなら、まさにその機能が欲しい!と本気で考えてしまうくらい、食べたいものだらけです。秋の北海道を、「北の恵み 食べマルシェ2015」で、思う存分満喫してください。期間中、「ダイエット」という単語は禁句で。

 

北の恵み 食べマルシェ2015

●公式サイト / http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/keizaikoryu/marche/index.htm
●公式FBページ / http://www.facebook.com/tabemarche
●開催日 / 2015年9月19日(土)~23日(水・祝)
●時間 / 10:00~18:00(最終日17:00終了)
●会場 / 旭川駅前広場・平和通買物公園(宮下通から7条通)・七条緑道・常磐公園ほか
※19日(土)、20日(日)の2日間は、旭川駅前広場・平和通買物公園(宮下通~3条通)で開催
●問い合わせ先 / 北の恵み 食べマルシェ実行委員会
・旭川市神楽4条6丁目1番12号 道北地域旭川地場産業振興センター2階
・TEL:0166-73-9840 


※おだつ
北海道弁で、はしゃぐ、調子に乗るという意味。