焼尻島で明治・大正時代にタイムスリップ~旧小納家(焼尻郷土館)



離島に残る、明治時代の立派な木造建築物。焼尻(やぎしり)島で、漁業のほか呉服業と雑貨業を営み、さらに郵便局や通信局まで兼務していたという、小納家の元住宅兼商店です。往時の栄華を感じる文化財、旧小納家を見学してきました。

旧小納家は、焼尻島のフェリーターミナルを見下ろす高台に建ち、焼尻郷土館として1978(昭和53)年から一般開放されています。北海道指定有形文化財にも指定されている、由緒ある建物です。





建物は木造で、1900(明治33)年に建てられました。屋根にはイギリスから輸入した亜鉛鉄板を使い、建物正面右側には六角形のポーチを張り出した形にするなど、建物の外観の一部に洋風建築の要素を取り入れています。当時としては、和洋折衷の建築物の先駆けでもあったようです。

 

では、旧小納家の中へ

中央の玄関をくぐると、かつて大広間として使用されていた部屋から仏間まで、3部屋が奥まで一直線に続いています。





大黒柱や階段にはケヤキ、梁にはカツラの大木が使われています。しかも、釘を使わずに建てられているそうです。もしも今この家を建てるとしたら、建築費いくらかかるのだろう、と思わず考えてしまいます。もっとも、ケヤキやカツラの大木など、いくらお金があっても手に入らないかもしれませんね。




 

往時の生活を偲ぶ備品がたくさん並びます

小納家は石川県出身。立派な瀬戸物の調度品など、石川県から運ばれてきたものも多いようです。
正面玄関を入って左側にある店舗だった場所や、さらにその先の土間や土蔵の中に、当時の生活道具や商売道具などが数多く並びます。










 

今度は建物2階に上がってみます

2階には、客人用の宿泊室と、通信室があります。通信室といってもピンとこない方が多いかもしれません。電報を打つための部屋です。webや携帯電話があたり前の昨今、電報を目にする機会もすっかりなくなりましたね。





通信室には、電報を打つ机のほか、小納家が昔使用していた生活用具とともに娯楽の道具も並んでいました。大正時代のイギリス製ミシンのほか、昭和初期の蓄音機や拡声器、ゴルフクラブのウッドやアイアン、パターなどがありました。
島にはゴルフ場はないので、小樽や函館でプレイしたそうです。当時の時代背景を考えると、いかに栄華を極めていたのか、と感じてしまいます。





高台に建っていることもあり、2階の窓からは焼尻港を一望でき、なかなか気持ちのよい眺めです。





旧小納家は、フェリーターミナルから歩いて数分。島めぐりをする時に立ち寄りやすいうえ、フェリーに乗る前に時間があるという時にも行きやすいスポットです。
歴史に想いを馳せつつ、ふらりと見学してみてはどうですか?ちょっとしたタイムスリップを体験した気分ですよ。

※注:館内は撮影禁止です。ご注意ください(本記事の写真は特別に許可を得て撮影しています)。

 

関連記事

日本海に浮かぶ小さな島、焼尻島に行こう!
これがオンコ!? 焼尻島で不思議なかたちの木を発見!