2012年12月14日 | チバタカコ

あったかくて、おいしい北海道を食卓へ。「まるごと北海道クリームシチューセット」

外は寒い冬の夜。家族や仲間たちと、一からつくる手づくり北海道シチューで、心も体もホッカホカになりませんか?

 
「まるごと北海道クリームシチューセット」

 
道内各地の生産者の顔がわかる農産物や海産物、加工品などを厳選して仕入れ、販売している札幌のHUGマートから、「これぞ、北海道!」なセットが誕生しました。その名も「まるごと北海道クリームシチューセット」。

 
」HUGマートの目利きスタッフたち▲「まるごと北海道クリームシチューセット」HUGマートの目利きスタッフたちが選りすぐった北海道産の食材を一箱にパッケージ

 
シチューの具材と言えば、ジャガイモやニンジンなのですが、HUGマートのこだわりは生産者。
 
「例えば、ジャガイモは音更の波佐さんのメークイン、タマネギは栗山の西田さん、ニンジンは函館の阿部さん、牛乳は別海、鮭は野付というように、つくった人、育てた人、産地がちゃんとわかるのが特徴です」と話してくれたのはHUGマート店長の七島さん。北海道Likersで紹介した、とかちマッシュも入ってますよ!
 
 
HUGマートの野菜、魚、乳製品の生産者▲HUGマートの野菜、魚、乳製品は、すべて北海道産。北海道中の生産者から直接仕入れて、販売しています

 
ただおいしいだけではなく、人の顔が見える安心感も、このセットには詰まっています。

 
十勝平野のメークイン▲十勝平野の昼と夜の寒暖差を生かして、おいしい、でんぷんを蓄えました。出荷まで、じっくり熟成させて、甘みを蓄えたほっくほくのメークインです。「シチューに入れるときは、大きめに、ごろんごろんしたサイズで切るのがオススメ」(七島店長談)

 
ところで、このクリームシチューですが、お肉ではなく鮭を使うのがポイント。七島さんによると、これも「まるごと北海道産」のこだわりだとか。鮭は、すぐに使えるようにサイコロカットの状態でセットされています。
 
さらに、隠し味のように効いているのが、実はチーズだそうです。
 
「雄武町のブルーグラスファームの、ちょっと癖のあるチーズですが、これを入れるか入れないかで、味やコクがガラリと変わります。つくる時に、まずはチーズなしで、次にチーズを入れて食べ比べをするのも楽しいですよ」(七島店長談)。

 
別海町の乳牛▲日本一の生乳生産量を誇る別海町。広大な草原と澄みきった空気、摩周湖の伏流水を源とする水で育った乳牛からしぼっています

 
マッシュルームやホウレンソウ、カボチャを入れているのは、総合栄養食として栄養バランスに配慮しているからだそう。
 
セットを購入すると、中にレシピが入っています。簡単につくれる「カンタン幸せシチュー」と、ちょっと手の込んだ「週末のごちそうシチュー」の2パターン。
 
さらに、余った食材で+1メニューが楽しめる、おまけのレシピも。それは届いてからのお楽しみ♪

 
「カンタン幸せシチュー」▲北海道Likersでも紹介した「ブルックスカレー食堂」の引地シェフによるレシピ。「カンタン幸せシチュー」
 
 
約4人分の材料が一箱に入って、2,980円という価格も魅力的。自宅用はもちろん、贈り物としてもおススメです。3月頃まで販売を予定していますが、カボチャはシーズンが終わったら、別のものに変わる場合もあるそうです。
 
 

関連リンク

 
※時期によって商品の産地が異なる場合がありますが、現段階では上記の産地でお届けです。

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • あったかくて、おいしい北海道を食卓へ。「まるごと北海道クリームシチューセット」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close