黒ラベルやナポリンを飲んで、北海道の森を元気にしよう!



今回で第3弾となる「北海道の森を元気にしよう!」キャンペーン。コープさっぽろで、黒ラベルや麦とホップ、Ribbonナポリンなど対象商品を買うと、北海道の森林保全活動に貢献できるというもの。今まではアルコールドリンクだけでしたが、今年からRibbonナポリンも参加。 子供たちと一緒に、北海道の森に乾杯しましょう!

 

CO2削減を目的とした、北海道の森を守るキャンペーン

「北海道の森を元気にしよう!」キャンペーンは、コープさっぽろ×北海道×サッポロビール共同で、2013年から始まった取り組みです。コープさっぽろで対象商品を購入すると、CO2をカーボン・オフセットし、北海道の森林保全活動に貢献するというもの。

 



北海道Likersも、この取り組みをずっと紹介してきました。では、ここでおさらいです。カーボン・オフセットとは?これは、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素を減らそうとする取り組みの1つで、二酸化炭素(カーボン)を、他の場所で行われるCO2削減活動に投資することで埋め合わせする(オフセット)、というものです。

 

ビール、ワイン、そしてRibbonちゃんも仲間に!

第3弾となる今年から、コープさっぽろ×北海道×サッポロビールに、ポッカサッポロ北海道が加わりました。ポッカサッポロが参加したということは…はい、正解!Ribbonちゃんも仲間に加わったということです。
今までは、ビールやワインなどアルコール飲料が対象商品でしたが、今回からRibbonナポリンもキャンペーン対象商品に!

 



キャンペーンを通じて、子どもたちが北海道の環境保全について考え、社会貢献を学ぶことになるのではないでしょうか。

 

オリジナル缶が買えるのは、コープさっぽろだけ

対象商品は、サッポロ生ビール黒ラベル、サッポロクラシック、サッポロ麦とホップThe gold、サッポロドラフトワンの「北海道の森に乾杯!缶」、Ribbonナポリン。これらは、1本につき1円分の約66gのCO2をオフセット。
そして、「ポリフェノールでおいしさアップたっぷりサイズの赤ワイン」と「有機酸でおいしさアップたっぷりサイズの白ワイン」では、1本につき10円分の約666gのCO2をオフセット。

 

※写真提供:ポッカサッポロ北海道

 


 



「北海道の森に乾杯!缶」は、コープさっぽろ限定です。デザイン缶としてもめんこく仕上がっているので、デザイン缶コレクターは見逃さないように。

 



先日、コープさっぽろ、北海道、サッポロビール、ポッカサッポロ北海道の関係者が一堂に会し、共同キャンペーンの発表会が行われました。その中で、北海道水産林務部長、山崎峰男さんは「北海道は、日本全国の森林の1/4を占めています。そこからカーボン・オフセットの取り組みを発信できることはとても重要なこと。これをきっかけに、森林づくりについて、より一層の理解と参加を期待しています」と話してくれました。

 



今までは、ビールやワインで大人だけで乾杯でしたが、ナポリンが増えたので、家族皆で乾杯できます。それでは皆さん、コープさっぽろで対象商品を購入して、北海道の森に…乾杯!

 

関連リンク

サッポロビール株式会社
ポッカサッポロ北海道
コープさっぽろ
 

関連記事

ビールとワインを飲んで、北海道の森を元気にしよう!
麦とホップ「北海道の森に乾杯!」缶
カーボン・オフセット大賞で環境大臣賞を受賞(Facebook)