スロウでワンダフル!海岸を馬に乗ってお散歩「網走原生牧場観光センター」/網走市

馬を放し飼いにしている「網走原生牧場観光センター」での乗馬は、スタッフが牧場内に散らばった馬を捕まえるところからスタート。
“馬のおじさん"こと名物スタッフの小西ゆきてるさんと、勉強を兼ねて手伝いに来ている東京農大の学生さんが、各人の腕前に合わせてレクチャーしてくれるので、初心者でもノープロブレムです。

 
 
では、早速、外の世界へでかけましょう!

 

 
牧場を出たら白樺林を抜け、麦やビートの畑の中を歩きます。至近距離で野鳥やキツネに遭遇し、びっくり。ここら辺で栽培されている大麦は、サッポロビールの原材料になるそうです。

 

 

 
線路を越え、肩ほどの高さまで草が生い茂った地帯を抜けて、川へ。思っていたより深い! ひーっ! がしかし、動揺しているのは筆者だけで、馬は至って落ち着いていました。
 
 
 
さあ、海が見えてきました。
 
 


 

 
いざ、激しく潮の満ち引きを繰り返す波の中へ。海での乗馬は初体験。波の影響で、馬が動いていないのに動いているかのように感じる、不思議な感覚を経験しました。

 

 

 
 

 
海でしばらく遊んだら、またもとの道を通って牧場に戻ります。冬は流氷の海へ行くそうです。極寒の乗馬もぜひ挑戦したいです。