サッポロクラシック30周年誕生祭が開催されました



今年発売30周年を迎えたサッポロクラシック。6月12日、サッポロクラシックビヤガーデンで誕生祭が開催されました。コンサドーレ札幌の選手も駆けつけ、みなさんと一緒に「30歳おめでとう~!」と乾杯しました。
 
会場となったサッポロクラシックビヤガーデンは、さっぽろテレビ塔の真下、1階テラスにあるビヤガーデン。サッポロクラシックとともに、ジンギスカンなどを味わえます。
 
 
 
 

6月12日に開催されたサッポロクラシック誕生祭

サッポロクラシックは、1985年6月12日に発売開始された北海道限定の生ビール。2015年6月12日はちょうど30歳の誕生日です。記念すべき日を祝うべく、ビール好きの人やジンギスカン目当ての人はもちろん、コンサドーレ札幌好きの人たちも駆けつけ、賑やかな場になりました。
まずはサッポロビール株式会社北海道本社 北海道戦略営業部長の小林弘明さんから、挨拶と乾杯の発声。
 
 
 
 
 
 
ジンギスカンの美味しそうな匂いと煙が立ち込める中、「かんぱーい」「おめでとーう」と元気のいい声とともに、ジョッキとジョッキがカチーンとぶつかる音が響き渡りました。
この日は多少風があったものの晴天で、心地の良い夕暮れの中での乾杯ビールは間違いなく美味しかったはず!
 
乾杯早々、今回のスペシャルゲストが登場しました。
コンサドーレ札幌の内村圭宏選手です。
 
内村選手が登場すると、会場に座っている人や通路に立っている人たちから、コンパクトカメラやスマホの放列!ジンギスカンをつつく皆さんの箸が一斉にストップしました。
 
 
 
 
自身がコンサドーレ札幌へ移籍してきた5、6年前に初めてサッポロクラシックに出会い、以来ファンだと語った内村選手。コンサドーレ札幌の選手が監修・おすすめする、サッポロクラシックに合う特別メニューの紹介もしてくれました。
スピーチのシメは、やはり乾杯で。
 
 
 
 

コンサドーレ札幌の選手が監修・おすすめする、サッポロクラシックに合う特別メニュー

8月23日までの間、サッポロクラシックビヤガーデンでは30周年誕生祭特別メニューが登場します。メニューは3種類あり、それぞれコンサドーレ札幌の選手たちがチームとなっておすすめしています。これらのメニュー、最終日までに一番オーダーが多く入ったチームにはご褒美があるのだとか。
ご贔屓の選手がいる方、リピ買いしないと!!
 
 
 
 
 
 
北海道産ポークスペアリブのクラシック煮、柔らかくて骨までしゃぶってしまいました!
北海道ロングソーセージ、パキッとかじると肉汁やじんわり…!
北海道産甘エビのサルサソース、食べ始めると中毒にでもなったかのように箸がとまりません!
 
どれも甲乙つけがたいです。これは間違いなく、ビールに合います。というより、ビールがすすみます。
 
 
 
 

最後はビデオレターや抽選会も

ジンギスカンをつつき、限定メニューに舌鼓を打ち、サッポロクラシックを飲み干してひと息入れようとした頃、正面のスライドにいくつか映像が流れ始めました。
上映された内容は、コンサドーレ札幌の選手らが30周年を祝うビデオレターです。
 
 
 
 
 
 
ビデオレターに見入り余韻に浸っていると、誕生会の最後のイベント、抽選会が始まりました。
ここで2015年サッポロビールイメージガール・朝比奈恵美さんが登場。くじを引きつつプレゼンターを務めました。
 
 
 
 
30周年を迎えたサッポロクラシック、北海道で長年愛されてきた、北海道限定の生ビールです。
北海道民の皆さん、これからもサッポロクラシックを愛飲しましょう♪
北海道以外の皆さん、北海道へ遊びや出張に来たら、迷わすサッポロクラシックを飲みましょう♪
 
 

関連記事

北海道にありがとう!「サッポロクラシック」発売30周年
「サッポロクラシック 北海道大感謝祭」で乾杯!
 

関連リンク

サッポロビール株式会社