大通公園の「ミュンヘン・クリスマス市」は24日まで!

※この記事は2012年のものです。2015年の記事はこちら↓
2015年「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」会場レポート!
 
最新情報については公式サイトをご確認ください。
http://www.sapporo-christmas.com/
 
*******************


札幌の大通公園で開催中の「ミュンヘン・クリスマス市」。札幌とドイツのミュンヘンとの姉妹都市提携30周年を記念して始まったイベントで、今年で11回目の開催です。会場には、クリスマス飾り、お菓子、雑貨のほか、ソーセージやグリューワインなど、たくさんの出店が並んでいい匂いが漂っています。
開催は12月24日(月・祝)まで!雪が舞う会場はとってもロマンティックです。
 
会場の様子と美味しかったものを写真で紹介します。
 
 

 
メイン会場の大通公園2丁目は、ホワイトイルミネーションの会場にもなっていて、16時30分からライトアップが始まるとロマンティックな雰囲気に!

 

 
お部屋をぐっとクリスマスらしくしてくれる飾りや雑貨の店が並んでいます。

 

 

 

 
「クリスマスカードコレクション」のブースでは、道内作家の手作り雑貨のほか、北海道在住のクリエイターたちのポストカードが店内にずらりと並び、人気店のひとつです。

 

 
このポストカードのイラストは、可愛いものからユーモアあるものまで406点あり、壁一面に飾られた中からお気に入りを選ぶのが楽しいのです。そしてこのポストカードは、大通公園の夏の風物詩「とうきびワゴン」で剥かれたとうきび(とうもろこし)の皮を再生した「とうきびペーパー」が使われていて、“札幌らしい”クリスマスカードです。こちらのブースでお買いものすると、写真左の可愛い袋に入れてもらえますよ。販売している工房アルティスタさんは面白いグッズやキャラクターをたくさん作っています。
http://homepage3.nifty.com/kobo-artista/

 

 
ミュンヘン・クリスマス市といえば!香辛料を入れた温かい「グリューワイン」を楽しみに会場を訪れる人も多いです。お店ごとに味が違いますので、飲み比べも楽しいです。ほかに、本格ドイツ料理やボリュームあるソーセージ盛り合わせなど、身体が温まる料理を提供しています。

 

 
ストーブがあるテントや休憩所もありますが、私のように食べ物に目移りしてしばらくはウロウロしてしまう方も多いと思いますので、暖かい服装でお越しくださいね。
 
今年は、隣のさっぽろテレビ塔の下にも会場が増えました。

 

 
ミュンヘン・クリスマス市は、ドイツ料理だけでなく、多国籍料理が味わえるのも魅力。今年初出店の南米料理を出す「MOAI Cafe&Bar」のブースでは、南米ではポピュラーというチーズパイが人気で300円とリーズナブル。パイの中にぎっちりチーズが入っていてアツアツ。個人的にはこのお店のシナモン、オレンジ、クローブが入ったグリューワインが飲みやすくて気に入りました。そして、ホットモヒートもあるというので、追加でごくごく。寒いとつい温かいお酒がすすんでしまいます・・・さっぽろテレビ塔には、会場で配布しているパンフレットを持参すると、割引で展望室に入場できます。上から眺めるホワイトイルミネーションがとってもきれいなんですよ!

 

 
でも、こんなツルツルの日もありますので、冬靴対策もお忘れなく!

 

 

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

2012年11月26日(月)~12月24日(月・祝)
【平日】12時00分~21時00分(金曜は21時30分まで)
【土曜】11時00分~21時30分
【日曜】11時00分~21時00分(12月23日(日)は21時30分まで)
http://www.sapporo-christmas.com/