ヒロインの女優決定、撮影現場に潜入!~日韓合作映画『風の色(仮)』(2)

 
 
北海道を舞台に撮影しているこの映画を、シリーズで紹介する第2回目。北海道Likersが、映画の撮影現場に行ってきましたー!ヒロインの女優さん、なまらめんこい!
 
 

ヒロインの女優が決定!

3月から道東を中心に撮影が行われてきた映画『風の色(仮)』。「猟奇的な彼女」「僕の彼女はサイボーグ」のクァク・ジェヨン(郭在容)監督が制作中の、北海道を舞台にした日韓合作映画です。自分とそっくりの人がもう1人いたら?そして、自分が最も大切にしているひととそっくりな人に出会ったら?複雑にからまる彼たち、彼女たちの出会いと別れ、東京と北海道を舞台に互いの存在を知った時、2人の運命はどこに向かっていくのか…。
 
…と、もったいぶった紹介をしていますが、前回も言った通り、北海道Likersもストーリーの詳細はここまでしか知りません。ただ、「ドッペルゲンガー」「流氷の海に消えた彼」「天才的マジシャン」「ダンサーの彼女」など、気になるキーワードは、チラチラと漏れてきましたよ。
 
 
提供写真:(c)映画『風の色(仮)』製作委員会
 
 
中国で人気沸騰中の古川雄輝さんが主演俳優さんだということは発表されていましたが、ついにヒロインも発表になりました。
ヒロインは、全国公募オーディションで約10,000人から選ばれた藤井武美さんに決定!
 
 
提供写真:(c)映画『風の色(仮)』製作委員会
 
 
札幌市内で行われた撮影現場で、生・藤井武美さんを見たのですが、まー、めんこい!大きなスクリーンで見るのが楽しみになってきました。
 
 

ミーハー丸出しですが…2人ともめんこい!なまらまぶい!

知床の流氷で脱出イリュージョンを試みるが、行方不明となる一流マジシャン村山隆と東京在住で「川口ゆり」という恋人を亡くし、ふとしたきっかけでマジックの修行をすることになった西邑涼の二役を演じるのが古川雄輝さん。
 
 
提供写真:(c)映画『風の色(仮)』製作委員会
 
 
東京の涼の恋人川口ゆり、札幌の隆の恋人でダンサーの最上亜矢の二役を演じるのが藤井武美さん。
 
 
提供写真:(c)映画『風の色(仮)』製作委員会
 
 
北海道の冬景色にすっと溶け込むこの2人。いやー、なまらめんこい!なまらまぶい(※)!一人二役という難しい役を互いにこなしながらのストーリーも楽しみですが、この2ショットはぜひとも映画館で堪能したいところです。
 
 

札幌の撮影現場に潜入

3月から道東でロケを行っていた撮影クルーは、3月下旬~4月上旬は札幌と小樽で撮影を行いました。北海道Likersは、札幌で行われた撮影現場に潜入!札幌の亜矢がステージで踊るシーンの撮影だったのですが、9:00~21:00という長時間!いやはや、映画の撮影って、大変なんですね。
 
 
 
 
 
 
撮影クルーは韓国から来ているので、各部署に通訳がついているそうです。日本語と韓国語が飛び交う現場は、日韓合作映画ならではの風景です。
 
 
 
 
ステージ上だけではなく、この日は観客もエキストラとして参加。撮影前には、監督からもエキストラの人たちにあいさつがありました。
 
 
 
 
そして、いよいよ本番スタート!ステージ中央に立つ藤井武美さんが、軽やかに踊ります。テスト中は、何度も何度も自分のダンスをチェックしていた藤井さんですが、いざ本番になるとスイッチオン!ダンスシーンはとてもダイナミックで、キュートな表情がくるくると変わります。
 
 
 
 
この撮影の後日、札幌市内や小樽などでも撮影して東京へ移動、そしてクランクアップ。映画の完成は今年9月、劇場公開は2016年春の予定です。次回は、監督や主演の2人に、撮影を終えての感想などのインタビューを紹介する予定。お楽しみに!
 
 
※なまらめんこい、なまらまぶい
北海道では、「とてもかわいい」「とてもかっこいい、素敵」という意味で使います。
 
 

関連リンク

映画『風の色(仮)』
 

関連記事

北海道ロケは厳寒のオホーツクから~日韓合作映画『風の色(仮)』(1)
北海道で撮影、劇場公開は来春~日韓合作映画『風の色(仮)』(3)