鯉のぼりが泳ぐ春の定山渓で温泉と散策をお得に楽しむ!

札幌市中心部から車で約1時間の定山渓温泉で、「渓流鯉のぼり」の掲揚が始まりました。日帰り温泉、食事、お土産の購入がお得に出来る「ぶらり手形」や無料のバスなど、春の散策におすすめな情報をご紹介します!
 
 

定山渓の春の名物「渓流鯉のぼり」

2015年の「渓流鯉のぼり」の開催は4月18日(土)~5月17日(日)。定山渓温泉街の中心を流れる豊平川上空や、新会場の定山渓神社に約400匹が泳いでいます。これらは家庭で不要になり、寄付された鯉のぼりたちで、今年は約60世帯から届いたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 

「定山渓ぶらり手形」で温泉、アクティビティ、飲食、お土産購入をお得に! 

定山渓をお得に楽しむなら「定山渓ぶらり手形」がおすすめ。2015年の利用は6月30日(火)まで。5月31日(日)まで、定山渓観光協会で販売しています。
 
参加施設で金券として利用でき、日帰り入浴、乗馬などのアクティビティ、飲食、お土産の購入が可能です。12のホテルや施設が参加している日帰り入浴は、シール1枚で入浴可能なところもあるので、温泉ハシゴもできます。各施設・サービスごとにシールの必要枚数が違うので、どう組み合わせて使い切るかを考えるのも楽しい手形です。いくつか利用例をご紹介します。
 
 
 
 
石釜パンが人気の「ヴェルジネバッカーノ」では、シール1枚でクロワッサンとコーヒーのセット、シール2枚でサンドイッチのランチセットが食べられます。
 
 
 
 
「心の里 定山」は、小学生以下は利用ができない大人のための癒し空間。足湯、ラウンジ、茶菓子、飲物を時間に制限なく、自由に利用、飲食できます。手形のシールは2枚必要です。
 
 
 
 
 
 
昭和6年創業の「大黒屋商店」では、シール1枚を400円の金券として利用可能です。老舗の「定山渓温泉まんじゅう」は是非お土産に。
 
 
 
 
その他にもたくさんの参加店があります。利用可能時間、定休日などが違いますので、詳細は定山渓観光協会のサイトをご覧ください。
 
 

定山渓の見どころをガイドとまわる無料のバス運行!

2015年5月8日(金)~6月8日(月)の金・土・日・月のみ、定山渓の春の見どころをガイドと回る無料の「かっぱバス春紅葉(はるもみじ)」が運行されます。前日17時まで電話予約が必要ですが、空席がある場合は当日も乗車可能です。
予約・問い合わせ / 定山渓観光協会 TEL:011-598-2012
 
 
 
 
温泉街に宿泊する方は、午前便の利用が便利。札幌市内中心部から宿泊または日帰りで向かう方は、午後便を使うのがおすすめ!
 
《午前便》
10:00 定山渓観光案内所発車→ダム下公園(桜並木)→錦橋→アイヌ文化交流センター(月曜以外は下車見学30分)、八剣山ワイナリー(下車見学約20分)→白川フルーツ街道→JR札幌駅北口12:15到着予定
 
《午後便》
13:30 JR札幌駅北口発車→豊平川堤防→白川フルーツ街道→八剣山~小金湯→定山渓観光案内所→豊平峡ダム(下車見学1時間。要電気バス乗車料金)→定山渓観光案内所16:10到着予定
 
 
 
 
定山渓観光協会のサイトでは、ホテルの空室検索が可能で、日帰り入浴・エステ、アクティビティ、食事処などのスポットも紹介されています。