サビオ、円山公園駅動物タイル、さっぽろ地下街トイレマーク~北海道あるある(3)

北海道を愛する北海道Likersは、北海道弁も、北海道でしか通用しない(らしい)風習や文化も、全部ひっくるめてはっちゃきこいて紹介します!

 

指切った!サビオちょうだーい!

道産子の皆さん、絆創膏のことを何と呼びますか?もしかして、「サビオ」と呼んでいませんか?「サビオ」は「バンドエイド」や「カットバン」同様、商品名です。今はもう販売されていないようですが、なぜか道内では、絆創膏=サビオ、なんですよね~。
 
 
※写真はイメージです。
 
 
「東京出身ですが、小さいときからバンドエイドでした。北海道に来て、みんなサビオと… 初めはなんのことかわかりませんでした」
 
「私は横浜で育ちましたが、小さい頃から両親が『サビオ』って呼んでいたので、私もサビオですね」
 
「和歌山もサビオだ(`Δ´)」
 
「四国讃岐ですがサビオと言ってます〜~(;´∀`)」
 
「熊本では『リバテープ』と言います。地元企業であるリバテープ製薬の商標名なんですが、全国メジャーと熊本県民は思っている様です(笑)」
 
「新潟もサビオって言ってた!」
 
「私の母も『サビオ』って言ってます^^。ちなみに茨城県です♪」
 
「北見ですが、親は『カットバン』と言ってました。妻は小樽ですが、『サビオ』と言ってます」
 
「石川県じゃサビオ通じなっかたよ。絆創膏は普通にサビオだよね」
 
道内だけではなく、サビオと言う地域が結構ありますね。なんだか親近感♪南に行くと「リバテープ」と呼ぶところが多くなるようです。絆創膏の呼び方で出身地域がわかりそう。
 
 

円山公園駅の動物タイル

札幌の地下鉄東西線「円山公園」駅で降り、円山動物園方面に向かうと、かわいい動物タイルが迎えてくれます。今は道外にいる札幌っ子の皆さん、懐かしいでしょ?子供の頃、このタイルを1つずつ踏みながら、動物園に向かった記憶はありませんか?
 
 
取材・撮影協力:札幌市交通局
 
 
「懐かしいです。私もよくこのタイルを踏んだなぁ〜」
 
「小さい頃、これを踏まないように歩いていました」
 
「私のまわりでは、猿を踏んだら良くないことが起きるというジンクスがありました!」
 
「懐かしい タイルを1つ1つ指差して名前を言いながら歩いてた。今思えばかなり時間かかって行ったな〜テンション上がって、ぞうさん、きりんさん、かばくん、歌ってたな」
 
「あったあった。家族の懐かしい思い出です」
 
皆さんからのコメントを読むと「踏む派」と「踏まない派」がいるようですね。確かに、踏んづけると、ちょっとかわいそうな気持ちになりましたが…。
 
 

札幌の地下街のトイレマーク

札幌の中心部にあるさっぽろ地下街。ここのトイレマーク、ちょっと札幌らしい特徴があるのをご存知ですか?このマークは札幌市内広といえど、地下街だけのものです。何が特徴なのか、わかりますか?
 
 
 
 
そうです、マフラーを巻いています。たくさんの人から「マフラーだ!」とコメントがありました。そして、意外と多かったのが地元でも知らなかった!というコメント。
 
「沖縄だったら麦わら帽子かな?札幌見習って沖縄バージョン作ってほしい♪」
 
「見てたはずなのに…気づかなかった!」
 
「札幌に住んでても知らなかったな〜」
 
「夏になると変えるんですかね?」
 
衣替えはしないで通年このマークのままです。札幌の地下街へ行ったら、ちょっと注目してみてください。
 
 

関連リンク

北海道あるある「指切った!サビオちょうだーい!」
円山公園駅の動物タイル
札幌の地下街トイレマーク
 

関連記事

手袋を履く、米をうるかす、ゴミを投げる~北海道あるある(1)
ちょす、おっちゃんこ、ばくりっこ~北海道あるある(2)
書かさる、いずい、まかしていたましい~北海道あるある(4)
たいぎでゆるくない、はんかくさい、したっけ~北海道あるある(5)