北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

二代目考案の山型一刀流が美しい。小樽新倉屋の花園だんご

小樽新倉屋の花園だんご
 
 
創業1895(明治28)年の老舗和菓子屋で、長年愛されて続けているロングセラー、小樽の新倉屋といえば名物「花園だんご」です。
 
 

花園公園でだんごを売っていたから「花園だんご」

小樽新倉屋は、創業1895(明治28)年。小樽で生まれて小樽で育った、今年で120年を迎える老舗和菓子屋です。小樽市内に4店舗を構える小樽新倉屋の始まりは、食料雑貨店だったそうです。1904(明治37)年の小樽色内大火で罹災し、現在本店がある花園町に移転しました。昭和11年頃からだんごの製造販売を始め、花園公園で売っていたことから、「花園だんご」と命名されたそうです。
 
 
小樽新倉屋総本舗にある和菓子の型
▲小樽新倉屋総本舗には、昔から使われていたお菓子の型が展示されています。老舗和菓子屋だけに、歴史的資料としても貴重なものです
 
 
昭和11年頃、つまり1936年頃からある花園だんごは、約80歳ということになります。北海道内でも老舗店舗が多い小樽ですが、80年ものロングセラー商品は、なかなかお目にかかれませんよ。
 
 

流形が美しい「山型一刀流」

小樽花園だんごの特徴といえば、餡の付け方です。二代目新倉慎太郎氏が考案したという「山型一刀流」という流形の美しいスタイル。
 
 
小樽新倉屋花園団子の餡
▲背びれのような部分は「羽」と呼ばれており、これがきれいにできて「山型一刀流」の完成です
 
 
この餡は、各店舗でその場でだんごに付けていきます。だんごケースには、ある程度のつくり置きはありますが、つくったはしから売れていくので、餡をつけるスタッフさんはケース内のバランスを見ながら、常に補充しています。
 
 
小樽新倉屋総本舗のだんごケース
▲山のように積んでも、次から次へとお客さんが来て、あっという間に減っていきます
 
 
この「山型一刀流」ができるようになるまでは、何度も何度も練習をするそうです。だんごに餡を付けては外し、付けては外しの繰り返しで、一日中餡だけを練っていることもあるそうです。
 
 
花園だんごの餡をつける様子
▲餡の練り方もコツがあるのだとか
 
 
花園だんごの餡をつける様子
▲流れる様な所作でだんごに餡を付けます。この動作が、あまりにもスピーディでカメラが追いつかないくらい
 
 
花園だんごの餡をつける様子
▲餡をつけただんごは、1本規定の重さが決まっています。この重さ内に仕上げるもの熟練の技
 
 
餡を付けるスタッフの右手には、硬い「へらダコ」ができていました。「だから、恥ずかしくて握手できないの」と笑っていましたが、このへらダコが、名物花園だんごの美しい流形を生み出しているのです。
 
だんごは国産うるち米を使用しており、パクっと食いつくと、もち~っと柔らか。餡もたっぷり付いているので、食べ応えがあります。もちろん、胡麻、お醤油もたっぷり。1本では物足りないので、ついつい、2本、3本と手が出るおいしさです。
 
 

通販なし、物産展なし、小樽でしか食べられない

小樽花園だんごは、黒あん、白あん、抹茶あん、胡麻、お正油の5種類。小樽市内や近郊の人なら、お土産で買って帰ることができますが、賞味期限が「当日中」なので、その日のうちに食べなければなりません。
 
 
小樽新倉屋総本舗店内
▲小樽新倉屋総本舗店内。取材した時は、ちょうどお彼岸が近かったので期間限定のおはぎがありました。定番のものから、歳時に合わせたものまで並んでいます。お菓子で季節を感じるのも和菓子ならでは
 
 
「よく冷蔵庫に入れたら日持ちするでしょ?と言われることがありますが、ご飯を冷蔵庫に入れたら固くなるのと同じで、だんごも固くなります。冷やさず、常温で、その日のうちに召し上がってください」とのことでした。
 
 
小樽新倉屋総本舗
▲小樽築港にある小樽新倉屋総本舗。実は札幌~小樽間を走るジョギング愛好家に、「小樽の到着地点」として人気で、札幌から走ってきて、ここで休憩してまた札幌に帰っていくそうです
 
 
小樽新倉屋のお菓子は通販で取り寄せることができるものもありますが、花園だんごは通販はやっていません。物産展などで販売することもありません。小樽に来なければ食べられないだんごです。各店舗では、その場で食べることができるコーナーもあるので、観光で小樽に言ったら、ぜひ1本(1本90円)、いや1本といわず、2本、3本、山型一刀流の花園だんごをパクリ!と味わってみてください。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 二代目考案の山型一刀流が美しい。小樽新倉屋の花園だんご
  • Google+
Title
Close