第6回「情熱の仕事人」トークセッション開催!

 
 
北海道Likersのインタビューシリーズ「情熱の仕事人」連動企画、北海道Likers×北海道新聞『「情熱の仕事人」トークセッション』。毎回来場者のみなさんから好評を得ています。第6回目は4月24日(金)に開催が決定!会場は道新プラザDO-BOXです。
 
シリーズで紹介してきた仕事人の方々を、スピーカーに迎えておくるこのトークセッション。
今回は、レストランを経営するとともに、北海道の観光土産品市場で存在感を強めるYOSHIMIの代表でありシェフである勝山ヨシミさんと、札幌を拠点に活動する建築家・中山眞琴さんが出演します。※観覧応募方法は下記をご覧ください
 
 
 

勝山ヨシミ

1951年、美唄市生まれ。株式会社YOSHIMI代表取締役社長兼オーナーシェフ。83年、札幌・すすきのに現在の「YOSHIMI」本店を開店。レストランを全国で展開している。06年よりお土産品の開発に着手。「札幌カリーせんべいカリカリまだある?」、「札幌おかきOh!焼とうきび」など北海道土産の新定番となる商品を生み出し、お菓子のみならず料理人の発想で様々な商品を開発・プロデュース。北海道を愛し、「食」でチャレンジを続ける。
 
 
 

中山眞琴

1955年、様似町生まれ。株式会社nAナカヤマアーキテクツ代表取締役/建築家。多摩美術大学、同大学院で建築を学び、東京、札幌の建築設計事務所を経て88年に独立。住宅、店舗をはじめ、北海道の「隠れ宿」「憧れの宿」といわれる宿を設計・デザイン。「日本の美意識」を大切に、数多くの建築を手がけている。EuroShop//JAPAN SHOP Awardグランプリ(2011)、環境大臣賞金賞(2012)、グッドデザイン賞(2009・2010・2014)など受賞歴多数。
 
お土産市場に挑み、熱く商品開発に取り組む勝山さん、ひたむきに建築に向き合い、数多くの住宅、店舗、旅館などを手がけている中山さん。2人の仕事人のトークをじっくりとお楽しみください。みなさんのご来場をお待ちしています。
 
 

北海道Likers×北海道新聞 第6回「情熱の仕事人」トークセッション

日時 / 4月24日(金)18:00開場、18:30開演予定
会場 / 道新プラザ DO-BOX(ドゥーボックス)北海道新聞社本社1階(札幌市中央区大通西3)
応募方法 / 下記URLにアクセスし応募フォーム(イベントに応募する)からご応募ください。
https://secure.hokkaido-np.co.jp/dobox/
応募締切 / 4月14日(火)午後11:59まで
当選発表 / 当選された方には、4月16日(木)までに「当選メール」をお送りします。ご来場の際は、お送りした「当選メール」を印刷しご持参ください(携帯の方はメール画面提示)。受付でお名前を確認させていただきます。
 
 

関連記事

情熱の仕事人。北海道のお土産菓子の新境地を開く。YOSHIMI代表「勝山ヨシミ」
情熱の仕事人。「幸せ」をつくる北海道の建築家、「中山眞琴」
インタビューシリーズ「情熱の仕事人」特集