2015年03月14日 | 孫田 二規子

希少なモール温泉を源泉で!十勝川温泉「笹井ホテル」

北海道東部、帯広空港から40分。十勝川(とかちがわ)温泉に湧く湯は、ドイツの南西部と北海道のごく一部にだけ湧くと言われる希少な植物性モール泉。北海道遺産にも選定されています。色は茶褐色で、肌触りはつるつるとソフト。そんな名湯を源泉で楽しんでみませんか?「笹井ホテル」をご紹介します!
 

笹井ホテルの外観
▲笹井ホテルです
 
 
去年、〝米寿〟(88周年)を迎えた「笹井ホテル」は、十勝川温泉では最も古い温泉宿です。
 
館内の随所には大正ロマンが感じられる調度品も展示され、温もりと居心地の良さを感じられるはずです。
 

笹井ホテルに展示されている古道具
▲使い込まれた風合いが素敵です
 

笹井ホテルに展示されている古道具
▲こちらは1階の喫茶室
 

笹井ホテルに展示されている古道具
 
 
そんな「笹井ホテル」の名物は、温泉!植物性モール泉の自家源泉を所有しており、源泉を惜しみなくかけ流しています(※泉温が高いので加水しています)。
 

笹井ホテルの浴場
▲広い大浴場。アルカリ性のまろやかな湯は、肌をすべすべにすると言われ、美人の湯と呼ばれることも(写真提供/笹井ホテル)
 
 
とにかく気持ちのいい湯にファンが多く(この記事を書いているFUUKOも大好きです)、この湯を目当てに、と宿泊に来る客もたくさんいるそうです。
 
ゆったり浸かって、心と体のコリをときほぐしてください。
 

笹井ホテルの浴場
▲露天もあります(写真提供/笹井ホテル)
 

笹井ホテルの浴場
▲檜の内風呂(写真提供/笹井ホテル)
 
 
部屋は和室が中心です。
 

笹井ホテルの和室
▲和室です
 
 
2014年に新しく完成した、バリアフリーの洋室もあります。
 

笹井ホテルの洋室
▲バリアフリーの洋室です
 

笹井ホテルの特別室
▲ちなみにこちらは特別室。大正ロマンを感じられるしつらえです
 
 
食事は朝、夕ともにバイキングです。日本の食糧基地である地元十勝の食材をふんだんに使い、天ぷらや道産牛ステーキの実演も。
 

笹井ホテルの夕食
▲とうもろこし、かぼちゃ、長いも…など音更町のおいしい野菜がずらり!(季節によって内容は変わります)
 

笹井ホテルの実演
 

笹井ホテルのバイキング会場
 
 
お土産にはこちらをぜひ。ホテルのある音更町は豆の産地。その豆を使った甘納豆は、素材そのものの甘さが感じられ、とてもおいしいですよ!
 

笹井ホテルのお土産
▲しっとりホクホクの紫花豆と豊かな甘みの白花豆。おやつに最高です
 
 
地域に愛され、長く続いている「笹井ホテル」。ビジネスプランもあるので、帯広方面で仕事の方、こちらで宿泊はいかがですか?

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 希少なモール温泉を源泉で!十勝川温泉「笹井ホテル」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close