北海道開拓の歴史を五感で伝える「博物館 網走監獄」

 
 
博物館 網走監獄は、明治時代の北海道開拓と監獄の関わり、貴重な国の登録有形文化財である旧網走刑務所建造物の保存をテーマにした屋外型歴史博物館。明治時代から近年まで網走刑務所で実際に使用していた建物の見学や監獄食の体験などができるとともに、北海道開拓の礎も垣間見ることができます。
 
博物館の場所は現在の網走刑務所とは異なる場所、網走市内の景勝地天都山(てんとざん)の山麓にあります。建物などを移築復原、もしくは再現建築して公開しています。
それでは、いざ、「塀の中」へ!
 
 
 
 

北海道開拓の歴史をちょっと勉強

網走に監獄ができたのは1890(明治23)年です。
明治時代初期の日本国内は、西郷隆盛の西南戦争をはじめ反乱が多発したため国事犯が多く、また決して治安もよくなかったため、国内各地の監獄はパンク寸前でした。さらに、欧米列強が力を競い合っていた時代、ロシアからの脅威に備えるためにも北海道の開拓を急ぐ必要があり、そのための道路建設が急務でした。
その解決策として、北海道数か所に集治監(しゅうちかん)という監獄が造られ、当時廉価な労働力として考えられていた受刑者による北海道開拓が行われました。
 
 
 
 
網走は当初600人少々の小さな漁村でしたが、中央道路という、北海道中央部からオホーツク海沿岸へ抜ける道路を国防上大至急作るため、網走に監獄ができ約1,200人の受刑者が集められました。
網走は周囲をオホーツク海のほか網走湖や能取湖に囲まれ、受刑者を監視しやすいという地の利もあったようです。
 
中央道路は現在の国道39号線などの基になる道路で、網走から北見峠までの約160kmを約8ヶ月の突貫工事で完成させました。鎖につながれた受刑者が昼夜を問わず道なき道を切り開き、病気や怪我などで死亡者が200名以上出るという、過酷な状況だったそうです。
 
 
 
 
 
 
博物館 網走監獄では、移築や再現した建物とともに歴史資料の展示物などが多数あり、北海道開拓史の一端を知ることができます。
 
 

監獄ってどんなところ?獄舎を覗いてみましょう

博物館 網走監獄へ移築や再現した建物の中でも1番の注目は、五翼放射状平屋舎房という獄舎です。1912(明治45)年から1984(昭和59)年まで実際に網走刑務所で使用されていた獄舎で、現存する木造の行刑建築物としては世界最古で最大の規模。1985(昭和60)年に移築され一般公開されています。
 
ベルギーの監獄をモデルに作ったと言われていて、少人数でも監視しやすいように中央の見張り場所を中心に5本の指を放射状に広げたような構造をしています。
 
 
 
 
重厚な作りで歴史の趣を感じる建築物ですが、他の観光地などで見る歴史的建造物との圧倒的な違いに驚きます。それは、快適に居住するための建物ではなく、簡便に監視をして逃がさないための建物であること。概念が根底から覆された気分です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歴史風情を感じつつも、閉鎖的な発想のもとに造られた重厚な建物の中に流れる、張り詰めるような空気感。迫力に圧倒され、お尋ね者ではなく旅行者でよかった~!と心から感じてしまいました。
 
監獄とはいえ、懲罰的な施設ばかりではありません。
 
 
 
 
こちらは移設復原された教誨(きょうかい)堂という、受刑者に対して精神的な救済のため倫理的、宗教的な教えを説いていた施設です。戦後になると講堂として使われ、受刑者に対し作業がない日に映画の上映や慰問公演などが行われていたほか、冬の間は体育館としても利用されていたそうです。
 
 

よりリアルに、五感で楽しむ獄中生活体験

さらにリアルな体験も楽しめます。
獄舎の中など、ところどころに人形があり、当時の獄中の様子を再現しています。
 
 
 
 
 
 
人形の中には、脱獄をする様子を再現したものもあります。
 
 
 
 
監獄歴史館の中では、囚人服を着て撮影できるほか重労働を疑似体験するなど、日常生活では決して味わいたくない体験を楽しむこともできます。足に鉄の球をつけられると、こんなに重いんだ…と、身体をもって実感します。
 
辛い体験ばかりではありません。美味しい味覚も体験できます!
それは、監獄食です。
現在の網走刑務所の受刑者が食べているメニューを再現した食事を食べることができます。お米が7割、麦が3割のご飯に、みそ汁、焼き魚、野菜などの副菜がセットになっています。
 
 
 
 
 
 
一見すると素食ですが、食べてみるとこれが意外に!?美味しいのです!定食屋に並んでいたらきっと人気メニューになるだろう、と思ってしまうほどでした。
栄養士がカロリー計算をして献立を考えているというヘルシーメニュー。もしかしたら、私たちの日常の食事よりも健康的カモ…!?
 
博物館 網走監獄では、普段決して入ることのない監獄の中の様子を体感できるとともに、北海道開拓の隠されていた歴史の一端を知ることができます。暗く重いテーマでありながらも、わかりやすく楽しく体感できる博物館です。子どもはもちろん大人の社会科見学にもピッタリ!