元祖ザンギは骨付きをタレで!ザンギ発祥の店「鳥松」

 
 
北海道民のソウルフードの1つ、ザンギ。発祥の地は釧路と言われていて、釧路市内にある「鳥松」が元祖ザンギの店。ザンギといえば鶏モモ肉かと思いきや、実はブツ切りした骨付き鶏肉をタレで食べるのが正統派なようです。
 
 

どうしてザンギが生まれたの?

「鳥松」は看板メニューのザンギのほか、モモ肉や手羽先の唐揚げなどを提供する、揚げ鶏肉の専門店です。今ではザンギ発祥の店として有名になり、海外からの観光客もガイドブックを片手にザンギをテイクアウトしていくこともあります。
 
 
 
 
お店を訪ね、ザンギのいわれを探ってみました。お話を伺ったのは、店主の高倉さんです。
 
 
 
 
先代がお店を開いた当初は焼鳥店だったそうです。開店して間もない1960(昭和35)年、お店へブロイラーの売り込みがあり、1羽丸ごと仕入れブツ切りにして唐揚げを提供してみました。これがザンギの始まりです。提供を始めてすぐに人気メニューとなり、焼鳥店ではなくザンギの店となり、今日に至るそうです。
ちなみにザンギという名前の由来は、中国語の炸鶏(ザージー)に幸運の運(ン)を入れて「ザンギ」と名付けられたそうです。
 
 
 
 

ザンギの正統派は骨付き鶏肉!!

誕生当初のザンギでは1羽丸ごとブツ切りにしたものを使っていたので、鶏肉は骨付き、部位は何でもアリでした。
今でも「鳥松」のザンギはこのスタイル、ここでザンギといえば骨付きです。
最近は骨がないものを好む人も多いので、骨なし鶏肉も提供するようになったそうです。ただし、オーダーする時は「ザンギ」ではなく「骨なしザンギ」と言いましょう。「ザンギ」というと骨付きが出てきますのでご注意を。
 
 
 
 
 
 

アツアツ揚げたてをタレで味わうのが元祖ザンギ

「鳥松」の卓上には塩、コショウ、唐辛子などのほかタレもあります。お好みでどうぞ、ということなのですが、ここはタレでいきたいです。ザンギには塩ベースの下味がついていますが、特製のタレをつけて食べるのが元祖ザンギ流なのです。
 
 
 
 
タレといっても焼鳥のタレのようにトロッとしたものではありません。どちらかというとウスターソースのようにサラッとしています。それでいて単なるウスターソースともまた違う、いくつもの旨味が絶妙に混ざり合った独特な風味。サクッとした食感を損なわないサラサラ感と、アツアツで柔らかい鶏肉のジューシーさをより引き立てるような味わいがツボにはまります。
 
「鳥松」のタレは先代が日本各地を食べ歩き研究して作りだしたという、店オリジナルのもの。店主の高倉さんが秘伝のタレの味を受け継ぎ伝えています。
 
 
 
 
昨今は各地の飲食店で、鶏肉に限らず魚介類など多種多様な食材がザンギとして提供されています。鶏肉も骨なしモモ肉が一般的です。
でも、ザンギの原点は骨付き鶏肉で、揚げたてをタレで頂く、という食べ方が本来の正統派なようです。
食べ方や味わい方は十人十色。でも、いつか一度は元祖の味を試してみませんか?きっと、ザンギの概念が変わりますよ。
 

 

関連記事

オリジナルソースをつけて味わう、釧路のザンギ