〈保存版〉え、春はまだ先?3月~4月の男性向け北海道服装指南

季節の変わり目3月~4月の旅行や出張は、着ていくものに迷いますよね。北海道の3月上~中旬までは、まだ冬の寒さ。全道各地の冬のアクティビティも、毎年その頃までです。北海道へお越しになる道外の男性のみなさん、洋服選びはこちらを参考にしてください♪
 
 
 
 
さっぽろ雪まつりが終わった2月中旬頃から日射しは春めいてきますが、油断は禁物。
 
3月はまだ氷点下2~3度を記録することも多く、上~中旬までは「冬服」の感覚。
 
その後は次第に着るアイテムの枚数が減り、素材もウールから綿、麻へと変化していきます。
 
4月の平均気温は7度ほど。下旬になれば10度越えもあるものの、朝晩は3~4度ですので綿のアウターは必須です。
 
 

インナーは3月上~中旬まで冬のイメージで

3月上~中旬までは、あったか系の機能性インナーでいいと思いますが、寒がりさんでなければ「念のため」程度で充分です。1月、2月に比べたら、そんなにつらい寒さではありません。
 
それからは、綿の半袖へとシフト。昼に少し気温があがることを考えて選んでください。とはいえ、まだ制汗タイプなどは必要ありません。
 
外に長くいるようであれば、4月まではパンツの下にスパッツを履くのが賢明です。
 
 

スーツは3月下旬~4月上旬で春物に

スーツも3月上~中旬までは秋冬ものでいけますが、以降は春ものに切り替えていきましょう。
 
ジャケットの中に着用するベストやセーターは、3月上旬から綿でもよさそうです。中旬以降はもう着ない、という選択もありです。
 
ビジネスコートのライナーは4月上旬まであっても暑いということはありません。外に出ている時間が結構ある方は、つけてきた方がいいです。
 
なんなら空港で着脱するという手もあります。記事を書いている私FUKKOは女性ですが、4月中旬頃に機内や空港でライナーを付けたりはずしたりした経験が数回あります。
 
マフラーや手袋、イヤーマフなどの小物も3月上旬~中旬までです。
 
 
 
 

普段着は3月上~中旬までは秋の感覚で

普段着は3月上旬~中旬までは薄手のウールを着ますし、パンツも冬用の素材か綿の厚手で違和感がありません。
 
ただそれ以降になると、綿やリネンにシフトしてOK。トップスは、シャツやカットソーにカーディガンやパーカーを羽織るくらいでちょうどいいです。
 
もちろん、アウターは4月まで必須です。札幌の春は風が強くて冷たいので、風を通さないものを選んでください。
 
 
 
 

靴はムートン、ヌバック、スニーカーはNG

この季節に気をつけたいのが、靴です。
 
雪解け水とシャーベット状の雪で道路はぐちゃぐちゃなので、防水スプレーやクリームが必須。ピークは3月上~中旬ですが、4月上旬も注意しましょう。
 
そして絶対にNGなのは、ムートンブーツやスニーカー。水が染みこんで冷たくてつらいだけではなく、靴に泥水のシミがついてしまいます。
 
以上ですが、参考になりましたでしょうか。
 
ここまでの内容は、札幌の感覚。道東や道北などに行くときは、半月遅れのイメージでいてくださいね。5月上旬までストーブを焚くエリアもありますので。
 
北海道の花は桜も含め、4月下旬頃からの咲き始めです。東京以南の感覚で来るととても寒いので、少し厚着の気持ちでいらしてくださいね!

 

関連記事

〈保存版〉え、春はまだ先?3月~4月の女性向け北海道服装指南
〈保存版〉雪まつりや流氷見物、何着てく?1月~2月の女性向け北海道服装指南
〈保存版〉雪まつりや流氷見物、何着てく?1月~2月の男性向け北海道服装指南
〈保存版〉女性向け北海道服装指南!11月~12月は何を着て行けばいい?
〈保存版〉男性向け北海道服装指南!11月~12月は何を着て行けばいい?