2015年02月14日 | 小樽商科大学商学部 二木 涼、東 航紀、柴田 祐希

小樽商科大学“マジプロ”が小樽雪あかりの路で皆様の夢の成就祈願!

こんにちは!私たちは小樽商科大学の「マジプロ」メンバーの二木、東、柴田です。

“マジプロ”とは小樽商科大学の地域連携キャリア開発「商大生が小樽の活性化について本気で考えるプロジェクト」のことです。講堂や教室ではなく、学校から外に出て小樽や後志総合振興局管内の地域の活性化についてマジに考えるプロジェクトです!
私たち3人は「ソーシャルメディアの活用」をテーマに6月から活動を始め、ソーシャルメディアを使った小樽の活性化に向けて活動しています。

今回は「小樽雪あかりの路」に携わり、JTB北海道のメルマガによる情報発信を行うとともに、皆様の旅に+αの提案をするオプショナルツアーを実行し、小樽雪あかりの路への更なる観光客誘致を試みました。それを皆様にお伝えしたいと思います。
 
 
議論するマジプロメンバー
 
 
北海道中が雪で包まれる2月、小樽の街はロウソクの灯りで綺麗に埋め尽くされ、ロマンチックな雰囲気が沢山の人を包み込みます。それが「小樽雪あかりの路」。今年は2月6日(金)~15日(日)に開催されます。
 
「小樽雪あかりの路2015」について、詳しくはこちら↓

 

小樽商科大学“マジプロ”が手宮線会場であなたの夢祈願を応援!

私たちは2月6日(金)~11日(水)までの6日間、手宮線会場で来て頂いた方1人ひとりの願いを叶える応援をする“竹夢物語”を創りあげる企画を行いました。“竹夢物語”とは、廃ロウを使った竹筒型のワックスボックスに、割り箸を作る際に出る廃材の経木を絵馬に見立てて願い事を書いたものと、飾りを取り付けた“夢竹”を作ってもらい、それを会場に設営された“竹夢の森”に加えてゆくと皆様の願いが“竹夢の森”に集まり、ゆっくり時が流れる小樽雪あかりの路に灯る大きな明りの1つとなり皆様の祈願成就を願うというものです。小樽雪あかり路の期間中飾らせていただき、皆様の願いが見られるようになっています。
また、会場では他にもスノーオブジェ制作体験やワックスボール作りも行われており、小樽雪あかりの路をさらに楽しむことができます。ぜひお越しください。
 
 

小樽雪あかりの路

 
●開催時間/2015年は2月6日(金)~15日(日)
●開催場所/小樽運河、旧国鉄手宮線跡、朝里川温泉、天狗山など市内全域

 

関連記事

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 小樽商科大学“マジプロ”が小樽雪あかりの路で皆様の夢の成就祈願!
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)