大地を創る人。冬においしい!和寒町の「越冬キャベツ」生産者、宮崎和博さん

 

1年のうち数カ月もの間、雪に閉ざされる北海道では、その雪を利用した農業も行われています。例えば「越冬キャベツ」。雪の下で寝かせて、みずみずしさと甘みをアップさせるこちらのキャベツは、和寒(わっさむ)町の名産品。今回の「大地を創る人」はそんな「越冬キャベツ」の生産者、宮崎和博さん。収穫の現場をたずねました。
 
 

芯までおいしい!天然の冷蔵庫で甘くなるキャベツ

旭川から北へ約40km。盆地に広がる和寒(わっさむ)町は、北海道の中でも雪深い場所。今年(2015年)は積雪が少なく例年の半分と聞いていましたが、それでも取材日には50cmほどの高さの雪が!そんな中、雪原の真ん中で作業をしている人たちがいました。それが宮崎和博さんら「越冬キャベツ」の生産者のみなさま。しゃがんではキャベツを丁寧に拾い上げ、コンテナへ積む作業を黙々と続けています。
 
 
 
 
 
 
「越冬キャベツの収穫は、パワーショベルで雪をどけたら、あとは手作業です。なにせ雪なので、収穫機が使えないんですよ(笑)」と宮崎さん。
 
 
 
 
冬に農作業とは北海道ではめずらしい光景ですが、そもそも和寒の「越冬キャベツ」のはじまりは、昭和43年~44年。10月~11月に獲れる秋キャベツの市場価格が暴落し、出荷を諦め畑に放置していたキャベツに雪が積もってしまったことがきっかけでした。
 
 
 
 
翌春、そのキャベツを見たところ、青い状態で残っています。もしかしてキャベツは越冬できるのか。JAキャベツ部会はそんな考えのもと試行錯誤を続け、雪の下に寝かせるとみずみずしさと甘さがアップすることを発見。10年かけて保存技術を確立し、「越冬キャベツ」としてブランド化しました。
 
「冬に収穫なんて大変だねと言われることもありますが、私はそんな風には感じていないんですよ。うちは他にも米やかぼちゃなど複数の農作物を作っているので、オンシーズンには、収穫の時期が重なったらどうしようとか、あっちの作物は虫にやられていないかなとか、広い畑を眺めてヤキモキすることも多い。でも冬はキャベツだけに集中できる。気持ち的に楽ですね」
 
 
 
 

農家は毎日同じことの繰り返しではない

大学卒業と同時に就農した宮崎さんは、今年で農業人11年目。就農した当時のことをたずねると、こう答えてくれました。
 
 
 
 
「農家って、毎日同じことの繰り返しではないんですよ。それは魅力でもあるけど、苦労のもとでもある。例えば作物の苗を植える作業は、1年のうち3日程度しかできません。ですから苗の生育状態と植える時期をうまく合わせたいのですが、天候や他の作物の作業の影響で簡単にはいかない。経験を積んだ今ならいろいろ予測して動けますが、最初はわからなくて苦労しましたね」。
 
また、覚えるまで数年かかった作業もあるといいます。
 
「トラクターで土を起こす作業なんですが、遠目で見ている時には簡単だと思っていたんです(笑)。でも、いざ自分でやってみると、作物に合わせた土の状態や深さに起こすことができなくて、こんなものかと手応えを感じるまでに4~5年はかかりました」。
 
 

手をかけた分、結果が出るのが面白い

奥深く、やりがいが感じられそうな農家の仕事。今後そこに従事したいと考えている人に向けて、アドバイスをもらいました。
 
「作物の相場は年によってかわるので、安定した収入が得られるとは言えません。ですが手をかけた分だけ結果が出てくるのが面白い。それが頑張る動機になりますよ」。
 
 
 
 
また「機械好き」の人にもおすすめだそう。自身も就農するまで自分がそうであると気付かなかったといいますが、稲刈りのコンバインや薬液を散布するブームスプレイヤーといった農機の数々に〝萌え〟、複雑な構造を知るのが楽しいのだとか。
 
今後、ご両親が年齢を重ねれば、現在と同じ規模での仕事は難しくなります。そこで事業を縮小することは簡単ですが、宮崎さんはそのような考えには甘んじず、「いい意味での現状維持」が希望。そのための雇用体制の確立や、さらに機械化された農業の実践も想像しているといいます。
 
「機械化が進んで重労働から解放されれば、農業のネガティブなイメージも変わるし、私のような機械が好きな人の就職口にもなりうると思うんです」。
 
宮崎さんの見据えている未来では、今とはまた違った形で農業が行われているようです。
 
 
 
 

「大地を創る人」とは

さまざまなおいしい食を生み出す北海道を「大地」と表現。農業や漁業、酪農業を通し、「新しい北海道を創りたい」「北海道を支えたい」「未来の北海道をデザインしたい」。そんな思いを胸に抱く北海道の生産者を、「大地を創る人」としてご紹介します。
 
 

関連リンク

ホクレン グリーンネットショップ「越冬キャベツ【JA北ひびき 和寒町産】」