北海道で叶える冬のリゾートウェディング:トマム「氷の教会」で幻想的な挙式を

 
 

幻想的な挙式、トマム「氷の教会」ウェディング

北海道トマムの凛とした空気と清純な氷に覆われた「氷の教会」。静けさに包まれた神聖な空間は、雪の降る音さえ聴こえてきそう。冬の1か月間だけこの地に現れる幻想的な教会、純粋な気持ちで誓いを交わすことができます。
 
「氷の教会」は、全てが雪と氷で創られた教会。ドーム型の外観はもちろん、祭壇や十字架、ヴァージンロードや椅子まで全てが雪と氷でできています。
氷のゲートをくぐると別世界!息をのむようなアイスブルーの荘厳な空間が目の前に広がります。
 
 
 
 
真っ白いヴァージンロードを1歩ずつゆっくり進んでいくと、自分たちを包むアイスブルーの透明感に心が洗われ、自然と純粋な気持ちになっていきます。
十字架の前に立ち、大切な人と向き合い永遠の愛を誓います。すると、その言葉が静寂な空間に広がるとともに、自分の胸の奥底へ響き刻まれていくようです。
 
 
 
 
トマムは太平洋に注ぐ鵡川の源流部、清らかな水が豊かな土地です。冬は夜にマイナス30度近くまで気温が下がることもあり、透明できめ細かい氷を作ることができます。
純度の高い透明な氷は、陽光があたると淡いブルーに輝き、夜にキャンドルで灯すと深いアイスブルーに輝きます。
 
教会のドームは特殊な製法で創り出されていて、1枚の巨大な氷でできています。継ぎ目がなく不純物がない氷のドーム、2人の純粋な気持ちが途切れることなく続くことをイメージしています。
 
 
 
 
挙式では、誓約や指輪の交換など2人の誓いが終わったあと、ホットワインで乾杯します。
そのあと、いよいよクライマックスです。
 
お互いの手をとり氷のドームから外へと歩いていくと、氷でできた建物やオブジェが並ぶアイスビレッジが目の前に広がります。そこにはアイスビレッジへ訪れた村人たち(観光客)がたくさん待ち構えていて、2人を暖かい拍手で迎えてくれました。
教会のほうへ振り返り、夜空を見上げると…!
 
2人を祝福する花火が盛大に打ち上げられました!
 
 
 
 
冬が終わりを告げる頃、澄んだ氷は水蒸気となり空高くへと消えていきます。そしてまた来年、冬の訪れとともに清らかな水が氷に姿を変え、アイスブルーに囲まれた幻想的な空間が生まれます。
凛とした空気と透明感のある氷に囲まれ、きっと他では体感できない純粋な誓いを交わせます。2人の記憶の奥底に深く刻まれるでしょう。
トマムの大自然と自然の循環が創り出す氷の世界、真冬のたった1か月だけ存在する希少な教会です。
 
 

北海道のリゾートウェディング

リゾートウェディングに憧れている皆さん、四季がはっきりしている北海道はオススメです。トマム「氷の教会」のように、北海道の冬ならではの挙式はもちろん、爽やかな夏の挙式も魅力です。
海外や沖縄でのビーチリゾートも素敵ですよね。でも北海道は春夏秋冬、季節ごとに特色のある素敵な式を挙げることができます。さらに、豊かな自然を活かした観光アクティビティや美味しい食事など、挙式の後の楽しみもいっぱい!
北海道は広いので、選ぶチャペルによって特徴や環境もさまざま。じっくり選んで夢を叶えて下さいね!
 
 

エースJTB「北海道ウェディング」

公式ホームページ
氷の教会