「第66回さっぽろ雪まつり」開幕!2015年大通会場・つどーむ会場レポート!

※この記事は2015年のものです。
 
最新情報については公式サイトをご確認ください。
http://www.snowfes.com/
 
*******************


「第66回さっぽろ雪まつり」が始まりました!メイン会場の大通会場、つどーむ会場、すすきの会場「すすきのアイスワールド2015」の3会場で、2015年2月5日(木)~2月11日(水・祝)まで開催されます。
 
その中から、今回は大通会場、つどーむ会場をご紹介します。
来場予定の方も、遠方の方も、会場の様子を写真でお楽しみください!
 
 

メイン会場の大通公園は観光客でいっぱい

大通公園の1~12丁目には、高さ15mもある大雪像や、市民が作ったユニークな小雪像など、たくさんの雪氷像が並んでいます。昼とライトアップされた夜で違う表情を見せますのでぜひ両方ご覧ください!大通会場は地下鉄「大通駅」「西11丁目駅」の利用が便利。ピックアップしてご紹介します。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さっぽろ雪まつり公認アプリ「さっぽろグルメクーポン」から市民雪像の人気投票をすると、プレゼントが当たります
 
 

大通会場からシャトルバスでらくらく、「つどーむ会場」

子どもがいるなら是非行ってほしいのが、東区にある「つどーむ会場」。チューブすべり、スノーラフト、雪遊びなど子どもが喜ぶアトラクションがたくさんあります。広い屋内施設にも遊具や北海道の食を楽しむブース、ステージイベントがあります。
 
つどーむ会場へは、大通会場やJR札幌駅などからシャトルバスに乗るのが便利です。
 
 
 
 
 
 
 
 

さっぽろ雪まつり開催中は、市内で様々な雪イベントも

札幌市内各所では雪のイベントが開催されていますので、さっぽろ雪まつりと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。一部をご紹介します。
 
 
さっぽろユキテラス」。道庁赤レンガ前の「札幌市北3条広場(アカプラ)」で、5つの光の柱が空に向かってのびています。雪が降ると柱がより際立つ作品です。見る人が自由に作った雪山の起伏をセンサーが感知、それに応じた色や映像の投影で、常に違った色やカタチの雪のオブジェとなる新しい雪遊び作品も。2月11日(水・祝)まで
 
 
羊ヶ丘スノーパーク2015」を開催中。歩くスキー、チューブすべりなどの雪遊びや、レストランでジンギスカンも食べることができます
 
 
スノーフェスティバル開催中。期間中の入園料が無料になるほか、氷の滑り台、ダイオウイカの展示などイベントもりだくさんです(写真提供:円山動物園)
 
 
雪のイベントといっても、特色も遊び方も各会場違います。ぜひこの時期、冬の札幌で雪遊びを楽しんでみてください。さっぽろ雪まつり会場や札幌の情報は、随時「札幌市の観光サイト ようこそさっぽろ」のFacebookに掲載されるのであわせてお楽しみください。

 

第66回さっぽろ雪まつり

http://www.snowfes.com/
 
●開催日 / 2015年2月5日(木)~2月11日(水・祝)
●会場 /
・大通会場:大通公園西1丁目~西12丁目 ※ライトアップは22時まで
・つどーむ会場:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム(札幌市東区栄町885-1)
 9時~17時 ※一部アトラクションは16時まで
・すすきの会場:地下鉄南北線「すすきの駅」上、南4条通から南6条通までの札幌駅前通
※ライトアップは23時(予定)まで、最終日は22時まで
 
 

関連リンク

北海道のじかんFacebook
札幌市の観光サイト ようこそさっぽろFacebook
さっぽろ雪まつり公認アプリ「さっぽろグルメクーポン」
つどーむ会場へのシャトルバス情報
−雪と光のプロジェクト− さっぽろ ユキテラス 2015
さっぽろ羊ヶ丘展望台
札幌市円山動物園

関連記事

北海道の冬まつり特集!もっと楽しむさっぽろ雪まつり!
アナタの知らない「さっぽろ雪まつり」の舞台裏(1)大雪像の制作現場に迫る!?
アナタの知らない「さっぽろ雪まつり」の舞台裏(2)大雪像を舞台に人形劇オペラ!?
さっぽろ雪まつりに「バカルディ ホットモヒートバー」が登場!