2015年02月03日 | うずらはしちあき

仲卸直営!水産物が揃う&立ち喰い寿司も!札幌シーフーズ新千歳空港店

北海道のお土産はやっぱり海のモノを選びたい!空港で買って帰りたい!そんなときのぞいてみたいのが、「札幌市中央卸売市場水産仲卸札幌シーフーズ」の新千歳空港店。立ち喰いスタイルで、職人さんが新鮮なネタで握るお寿司も味わえます!
 
 
新千歳空港で水産品を販売する札幌シーフーズの店舗入り口
 
 

市場のやりとりを空港で!人気商品は「北の宝石箱」シリーズ

札幌シーフーズは、札幌市中央卸売市場の水産仲卸。新千歳空港に店舗を構え、プロの目で見極めた水産物を販売しています。
 
 
新千歳空港で水産品を販売する札幌シーフーズの店内
▲店舗は国内線ターミナルビル2階のどさんこ産直市場に
 
 
店内をひと回りしてみると、カニや干ものをはじめ海の幸がいろいろ。「市場の仲買だからできる価格でご提供しています」と、店長の北村宏樹さん。値段交渉にも応じてくれるそう。市場のようなやりとりを空港で楽しめるのも魅力です!
 
 
新千歳空港にある札幌シーフーズで買えるホッケ
▲道東・羅臼のホッケの開きや宗八カレイなどが並んでいました
 
 
新千歳空港にある札幌シーフーズで買えるタラバガニの脚
▲タラバガニの脚!輸入ものは大半がロシア産だそうですが、店頭にはアラスカ産タラバも。アラスカ産は身入りがよく甘みが強く「味は別格」といいます
 
 
さて、お土産や贈り物に人気というのが「北の宝石箱」シリーズ。こちらは、札幌シーフーズのオリジナル商品なんです!松前漬け、いくらの醤油漬け、糠にしんなどがありますよ。
 
 
新千歳空港にある札幌シーフーズで買える松前漬け
▲1番人気の松前漬け。「北の宝石箱【蝦夷あわび・いくら・するめいか・昆布・醤油漬】」
 
 
松前漬けは、あわびがごろんと丸ごと2つ、いくらも入っていて超豪華。パッケージを開けたときの見た目のインパクトだけではなく、上品な味も期待を裏切らず!ほかほかごはんに最高です。
 
 
松前漬けをのせたごはん
▲あわびは柔らかく、いくらはプチプチ。ごはんはもちろんお酒のお供にも
 
 
新千歳空港にある札幌シーフーズで買えるいくら醤油漬け
▲「北の宝石箱 鮭いくら醤油漬」。濃厚で、プチッ・ジュワ〜ととろけます!
 
 
自社で加工し、1本ずつ手作業で漬け込んでいる糠にしんは数の子が入っています。脂ののりがよく、身はふわふわ!甘口造りなので、塩っ辛いのはちょっと…という人にもおすすめです。
 
 
新千歳空港にある札幌シーフーズで買える数の子が入った糠にしん
▲また食べたくなるおいしさ!「北の宝石箱 こだわり糠にしん」は1箱2尾入り
 
 

市場直送!ネタ新鮮!立ち喰い「五十七番寿し」

店内には、職人さんが握るお寿司を立ち喰いスタイルで味わえる「五十七番寿し」もあります。注文はカウンターにあるタッチパネルで。画面から食べたいネタを選んで注文でき、英語・中国語・韓国語にも対応しています。
 
ネタはその日に市場から運んでくる、北海道産の魚介が中心。また、鮭漁で1万本に1本しか穫れないという羅臼産の鮭児(けいじ)や、獲れる量が極めて少なく“幻の海老”といわれるぶどう海老もネタに!
 
 
新千歳空港にある札幌シーフーズの店内で食べられる生寿司とサッポロクラシック
▲時間がないときでも、北海道のお寿司を食べてサッポロクラシック(中瓶)が飲める!
 
 
しゃりも道産米を使用。現在は「ななつぼし」と「ゆきさやか」を独自にブレンドし、釜で炊き上げているそう。そんなこだわりのお寿司、とってもおいしいのです!そしてお寿司と一緒に「サッポロクラシック」も楽しめますよ。
 
 
新千歳空港の札幌シーフーズ店内で職人がお寿司を握る
▲お客さんが入れ代わり立ち代わり訪れる人気ぶり
 
 
お土産選びに、さくっと本格的なお寿司を食べに、ぜひお立ち寄りを!
 
 
新千歳空港の札幌シーフーズ店内にある五十七番寿しの看板

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 仲卸直営!水産物が揃う&立ち喰い寿司も!札幌シーフーズ新千歳空港店
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close