2015年02月05日 | 孫田 二規子

大人気の冬のイベント「くるるの杜の雪まつり」

1月~3月上旬の北海道では、各地でさまざまな冬のイベントが行われています。札幌から車で約35分の北広島市にある「くるるの杜」でも、「くるるの杜の雪まつり」を開催。真冬なのに野菜の収穫(!!)と調理加工体験ができ、毎年大人気のイベントです。
 
2015年は2/7(土)~8日(日)。北広島IC下車すぐですので、札幌~新千歳空港の移動時にも立ち寄りやすいですよ。旅行者の皆さんもぜひ!


くるるの杜の雪まつりのすべり台写真提供:ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの杜
 
 

雪の中で収穫体験ができます

くるるの杜の雪まつりの様子写真提供:ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの杜
 
 
「ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの杜」で開催される「くるるの杜の雪まつり」の最大の魅力は、野菜の収穫とその野菜を使った調理加工体験ができること。
 
え、冬なのに収穫!?と驚くなかれ。そう、北海道には「越冬野菜」と呼ばれる、雪の中に貯蔵する野菜があります。
 
12月下旬頃から、雪の下でよ〜く寝かせた野菜は甘みがアップ!そのおいしく熟成された野菜を掘り出して食べられるのが、この体験というわけです。


くるるの杜の雪まつりの雪中掘り出し体験▲雪の中から野菜を掘り出すなんて、希少な体験です

 
今年、予定しているのは、下記のふたつ。
 
「くるるの杜」で栽培したじゃがいもと玉ねぎを掘り出し、肉まんを作る、
・【雪中野菜を掘り出して肉まんを作ろう】
 
そして、掘り出したじゃがいもを自分達で作ったバターで食べる、
・【雪中じゃがいもを掘り出して手作りバターで食べよう】
 
(※事前に参加申し込みが必要です。詳しくは文末に記載)

どうです?面白そうだし、おいしそうでしょ?雪中野菜の掘り出しは、道産子でも体験したことのない人の方が多いはず。ぜひこの機会に挑戦してみてくださいね。


くるるの杜の雪まつりでつくれる肉まん▲自分たちで掘り出した野菜でつくる肉まんは絶対おいしいに違いない!

 
また両日とも、以前に北海道Likersでも紹介した「かんたんいちごの収穫体験」も行われます。こちらは当日受付のみです(詳しくは文末に記載)。
 

くるるの杜のいちご育てているビニールハウス▲「くるるの杜」敷地内のビニールハウスで3品種のいちごを育てています(写真撮影/松浦靖宏)
 
 

すべり台などの雪遊びや日替わりの対面販売も楽しみ♪

会場では、雪のすべり台で遊べたり、雪の中を探す宝さがしができたり、雪上トラクターが引くソリに乗って畑の中をすべったり。雪に慣れ親しむコンテンツもたくさんで、雪の降らない地域からの旅行者にも喜ばれそうです。
 

「くるるの杜」の雪まつりにあるすべり台▲「くるるの杜」スタッフお手製のすべり台(写真提供:ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの杜)


また、農畜産物直売所では対面販売も行われます。
 
7日はJAびばい生産者グループ「つむぎ屋」による乾燥野菜。そして8日は、ほうれん草や小松菜、チコリ、にら、ブロッコリー、はつか大根といった、JA新はこだての野菜。
 
同じく8日のJAゆうべつ町女性部の半生牛乳うどんの試食販売は、生産者による対面販売!おいしい食べ方などいろいろな話も聞けそうです。
 
これは買い物も楽しみですね!
 
その他、道産食材を用いたカレーうどん、湧別産の殻付きかきと焼きがき、湧別牛(8日のみ)も販売され、一帯はおいしい香りでいっぱいです。どうぞ、お腹をおいしく満たしてくださいね。

 
「くるるの杜」の雪まつりの様子▲昨年の対面販売の様子です。今年もかきは登場予定(写真提供:ホクレン 食と農のふれあいファーム くるるの杜)
 

食後は「もりのかふぇ」へ。ここでは北海道産「もち米(まい)シロップ」を使ったスペシャルスイーツ「くだものたっぷり 白プリン」「白いおしるこ」が期間限定で販売。
 
「もち米シロップ」とは、北海道産もち米を使った糖化液で、天然由来の甘みともち米ならではのふくよかな風味が特徴。ぜひこの機会に新しい北海道スイーツを楽しんでみては。
 

杜のカフェで販売される、くだものたっぷりプリンとおしるこ▲「もりのかふぇ」で販売される、くだものたっぷり白プリンと白いおしるこ
 

当日は、思い切り遊ぶため、濡れてもいいスノーウェア着用でおでかけしてくださいね。農畜産物直売所も対面販売だけでなく通常営業していますので、帰りはぜひ、おいしい野菜やお肉の買い物もお楽しみください。


「くるるの杜」の農畜産物販売所の一角▲「くるるの杜」の農畜産物直売所の一角です(写真撮影/松浦靖宏)
 
 

「くるるの杜」って?

食と農のつながりを体感し、また、消費者と生産者の結びつきをも深めよう、という趣旨で生まれた農村空間。「くるる」には、「ここに〝くる〟と、育てる、作る、食べる、感じる、つながるなど、食と農にまつわる、たくさんの〝○○る〟を体験できる」という意味が込められている。豊かな森が広がる約18へクタールという広大な敷地には、農畜産物直売所や農村レストラン、体験農場や調理加工体験施設などが点在。
 
 
 

参加要項

下記どちらもお電話かFAXでの事前予約が必要です。詳しくはウェブサイトをご参照ください。
 
【雪中野菜を掘り出して肉まんを作ろう】
・両日10時~、3時間半ほど
・1口2,300円(4名まで参加可)
 
【雪中じゃがいもを掘り出して手作りバターで食べよう】
・両日13時30~、2時間15分ほど
・1口1,800円(4名まで参加可)
 
下記は当日のみの受付です。詳しくは上記のウェブサイトをご参照ください。
 
【かんたんいちごの収穫体験】(いちごの収穫のみの体験)
・両日10時~12時、13時30分~15時30分

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 大人気の冬のイベント「くるるの杜の雪まつり」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close