〈保存版〉雪まつりや流氷見物、何着てく?1月~2月の女性向け北海道服装指南

1月~2月に北海道に来られる道外の女性のみなさん! 何を着て行こうか迷っていませんか? そんなみなさんのために、この時期にぴったりの服装をイラストと文章でご紹介します。雪まつりや流氷見物、出張にとお役立てくださいね!
 
 
 
 
1月~2月の北海道は、真冬です。積雪の程度もばっちり(?)で、札幌でもこの2カ月の平均気温は氷点下。道東や道北にでかければ、氷点下20度、30度の氷の世界が待っており、たまに1度や2度などプラス気温を記録すると、「今日はあったかいね!」と晴れやかな笑顔がこぼれるものです。
 
そう、この時期こそ厚着本番。北海道旅行は、防寒あれば憂いなし、です! 
 
 

インナーの選び方

綿では心許ないので、上下ともあったか系の機能性インナーを着用しましょう。最近では種類が豊富に揃うので、お好みに合わせて選んで。速乾タイプは旅行や出張にもぴったりで、上下で揃えておくと重宝します。もちろん長袖、フルレングスタイプですよ!
 
スカートの下はウールや110デニール以上のタイツや機能性レギンスが必須。あまり薄いと、太もものあたりが、しもやけのように冷気で真っ赤になってしまいますので気をつけてくださいね。パンツの下もぬかりなく、必ず何か履きましょう。
 
ちなみにFUKKOの冬の外出時は、絹の5本指ソックス+タイツor靴下がスタンダードです。足からの冷えを軽減できます。
 
 

トップスはウール×ウールもあり

ビジネス用のスーツはもちろんウールで。
 
そして普段着もウールのカットソーやセータ−×ウールのカーデなど、ウールの重ね着が普通です。
 
それだとちょっと重たい…と感じる人は、厚手のセーターやカーデの中に、綿や麻のシャツやブラウスを持ってくるのもありです。が、あまりに寒い時は綿が冷たく感じ、着る時に体が受け付けません。その時の空気で判断してくださいね。
 
 
 
 

ボトムもコーデュロイやウールで

デニムや厚手の綿のパンツやスカートを履く人も見られますが、ちょっとひんやりしますし、見た目も寒そうです。しっかり防寒したい人は、コーデュロイやウールをセレクトしましょう。
 
 

アウターはロング丈がベスト

雪が降るので、ダウンが最強です。しかも、道民はロング。やっぱりこれが暖かいです。道民は雪が降っても傘をささないので、帽子付きも基本です。
 
もしロングのダウンが重たく感じる人や、ショート丈のアウターしかお持ちじゃなければ、ダウンの巻きスカートをボトムの上に重ねるといいですよ! ひざ~太ももを冷やさなくてすみます。ボレロのように肩掛けとしても使えるので、1枚あると便利なアイテムです。
 
 

靴や小物

手袋とマフラーは必須。あとは帽子、イヤーマフ、レッグウォーマーを適宜追加で。
 
なお、北海道Likersフォトライター カータン田中(関西出身)によると、「本州から来られる人は手袋で油断しているケースが多い!」とのこと。「東京だと真冬でも手袋が必須アイテムじゃないので、持ってない人も多数。一方、こっちじゃ手袋なしでコートのポケットに手を突っ込んでいると、滑った時に致命傷を食らう可能性があるから危険!」
 
というわけですので、来られる方は、綿ではなくウールやフリース、ムートンなど、もこもこと暖かなタイプを必ずご持参くださいね!
 
靴はすべらない靴底のもので。圧雪状態の道ならまだしも、夜のアイスバーン状態の道はガッタガタのスケートリンクのごとし。しかも平坦ではなく山あり谷ありですので、靴底の滑り止めは命綱。最近は滑り止めバンドも売っているので、そちらを利用してもいいですね。
 
また、短い丈のボトムにはロングを合わせ、はんぱ丈パンツ×ショートブーツの時にはレッグウォーマーを付けるなど、覆える部分はしっかり覆って。そうしないと、吹雪の時にひどい目に遭います。
 
 
 
 

雪まつりや流氷見物には、思いつく限りの厚着を!

雪まつりは札幌で開催なのでまだマシですが、流氷見物や道東、道北の早朝や夜のイベントなどになると、その寒さたるやなんと表現すればいいものか…。骨から寒く、じわじわと痛みすら感じるレベルですので、私FUKKOの冬の外取材時の服装のポイントも、お伝えしておきます。ぜひご参考に!
 
・ひざ丈の機能性ボトムの上に分厚いウールのタイツを重ね、その上にボトム。
・ウールの靴下を重ね、靴にはつま先用のカイロを入れる。
・帽子、イヤーマフ着用。フリースマフラーは外気が入り込まないよう、アウターの中に入れ込む。流氷のある海の側では、風に流氷の欠片が混ざることも。気になる人はネックウォーマーなどで顔もしっかり防寒を。
・太もも丈のダウンにくるぶしまであるダウンの巻きスカート着用。
・もし防寒に適したアウターや長靴をお手持ちでなければ、作業服の専門店で売っているアイテムが使えます。
 
ちなみに、FUKKOも今回のイラストを描いたイラストレーターも、この時期は毎朝、部屋が暖まるまで、指先の空いた手袋着用で仕事をしています。手がかじかんで動かないからです。また普通の服の上に、着る毛布的なものをしっかり羽織ってもいます。
 
体を冷やさないことが何より大事ですので、みなさんもしっかり防寒していらしてくださいね。北海道で過ごす時間がハッピーでありますよう、お祈りしています!
 
 

関連記事

〈保存版〉雪まつりや流氷見物、何着てく?1月~2月の子供向け北海道服装指南
〈保存版〉雪まつりや流氷見物、何着てく?1月~2月の男性向け北海道服装指南
〈保存版〉女性向け北海道服装指南!11月~12月は何を着て行けばいい?
〈保存版〉男性向け北海道服装指南!11月~12月は何を着て行けばいい?