カフェNAMBAN:札幌駅~大通のイルミネーションを眺められるとっておきスポット

 

札幌の駅前通りと南1条通りの交差点角にあるファッションビル「4丁目プラザ」、通称「4プラ(よんぷら)」。そこの7階にあるのが「カフェNAMBAN」です。窓側の席から駅前通りを眼下に望む、イルミネーションスポットの穴場。夕方4時30分、イルミネーションが点灯する瞬間を、コーヒーでも飲みながら眺めてみませんか?
 
 

4プラ7F、自由市場の奥

4プラ7階、自由市場の奥にある「カフェNAMBAN」。…と言うと、札幌の人なら「ああ、あそこね!」とたいていわかるはずです。昭和の時代、札幌で学生時代を過ごした人なら「南蛮倉庫」と言えば記憶がよみがえるでしょうか。
1977(昭和52)年のオープン以来、店名は変わりましたが、札幌では有名なごまそば八雲を展開する株式会社にしりんが経営する喫茶が「カフェNAMBAN」です。
 
 
 
 

「カフェNAMBAN」でイルミネーションを楽しむコツ

4プラは、地元のヤング層に人気のファッションビルで、旅行や出張で来札した人がフラリと立ち寄るというイメージではありません。が、だからこその穴場です!7階にある「カフェNAMBAN」は、駅前通りに面しており、窓際の席からは向かいのPARCOや三越、ススキノ方面を眺めることができます。
 
 
 
 
 
 
「カフェNAMBAN」の営業時間は、午後6時30分まで。なので、イルミネーションを楽しむなら、おススメ時間帯は夕方。例えば、午後4頃からスイーツなどを楽しみながらまったりと外の風景を眺めていると、4時30分、パパパとイルミネーションが点灯する瞬間を見ることができます。点灯する様に思わず「おお~!」と歓声があがること間違いなし。そして、もうしばらくイルミネーションを楽しんだ後は、ネオン街ススキノへ繰り出す…というコース、どうですか?
わかりやすいところなので、待ち合わせ場所としてもおススメです。
 
 

オムハヤシとオリジナルブレンドコーヒー

窓からの眺めは夜だけではなく、昼間もGOOD。カフェですから、ホットケーキやパフェ、ケーキ類などのスイーツから、自家製ハヤシライスを使った人気のオムハヤシ、喫茶店のナポリタンなど食事メニューも充実しています。
 
 
 
 
 
 
コーヒー豆は、指定焙煎のカフェNAMBANオリジナルというこだわり。メロンソーダ、レモンスカッシュといった、喫茶てっぱんのドリンクもあります。
そして、最近のカフェは終日全面禁煙が増えてきましたが、ここは終日喫煙OK。札幌駅から大通、南4条までのエリアは、札幌市の条例で喫煙制限区域になっているため、決められた場所でしか喫煙ができません。でも「カフェNAMBAN」なら、コーヒーを飲みながら、ゆっくり一服することができます。愛煙家にはうれしい、まさに正統派の喫茶店です。
 
札幌っ子でも、改めて見ると窓からの眺めは楽しいものです。来札中の皆さん、夕方イルミネーション点灯時間を狙って、ちょっと足を運んでみませんか?
 
 

第34回さっぽろホワイトイルミネーション

●開催日・会場
・大通会場/2014年11月21日(金)~12月25日(木)
・駅前通り会場/2014年11月21日(金)~2015年2月11日(水・祝)
・南一条通り会場/2014年11月21日(金)~2015年2月14日(土)
●点灯時間/16:30~22:00(12月20日(土)~25日(木)は24:00まで)
●公式サイト/http://white-illumination.jp/
 
 

関連記事

札幌の夜を彩る「第34回さっぽろホワイトイルミネーション」開幕!
炙屋大通ビッセ店:札幌駅~大通のイルミネーションを眺められるとっておきスポット
ニュー三幸 さっぽろテレビ塔店:札幌駅~大通のイルミネーションを眺められるとっておきスポット