2012年11月21日 | チバタカコ

新感覚のしっとり食感。「コーキーズ 生(レア)クッキー」

「生クッキー」って「濡れ煎餅」みたいなものでしょ?…と思ったら大間違い。
 
コーキーズの生(レア)クッキーは、食べた瞬間に「これぞ、北海道の味!」と感じてほしいという思いから生まれた、しっとりなめらか食感のクッキーです。素材は北海道産の小麦粉、卵、バター、塩を使用。生地は、マイナスイオンの空間で10日間熟成させ、専用のオーブンで一枚ずつ手作りで焼き上げています。

 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)
▲生クッキー誕生のきっかけは、ある時オーナーがチーズケーキづくりを失敗。でも、せっかく焼いたのでもったいない…と食べたら、これがなんと、スタッフに大評判!このしっとり食感は、失敗から生まれたのでした

 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)
 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)
 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)
 ▲撮影:北海道Likersライター チバタカコ

 
一般的なクッキーは、サクサクッとしていますが、生クッキーはしっとりしており、半分にすると、割るというより、ちぎるようなイメージ。例えるなら、クッキーとパウンドケーキの中間みたい。バターのコクがふわ~っと広がり、香りも存分に楽しめます。

 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)

 
種類は、プレーンタイプの「濃厚フレッシュ」、焦がしキャラメルの風味が広がる「キャラメルカシューチャンク」、「マカチョコチャンク」は香ばしいナッツの味、ホワイトチョコレートをトッピングした「クリーミーホワイトチャンク」の4種類が基本です。
 
どれも甘さを抑えた味なので、おやつもいいけど、ワインやウイスキーにも合いそう。「子供にはもったいない!」と思うくらい、大人味のクッキーです。
 
コーキーズは、今までは全国の催事場と通販でしか購入できなかったのですが、今年9月に札幌市内にショップをオープン。カフェコーナーもあり、目の前で焼く、焼き立て生クッキーを食べることができます。焼き立てが食べられるのは、札幌のショップだけです。

 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)店内
 ▲店内は「白い牛舎」をイメージしており、牧草を使ったディスプレイや、ミルククラウン(牛乳の滴を垂らした時にできる王冠)をデザインした照明など、遊びゴコロのある空間

 
そのショップで見つけた北海道Likersイチオシが、この「ショートケーキクッキー」。ショートケーキをデザインしたパッケージに、甘酸っぱいイチゴを練りこんだ生クッキーが3枚入っています。

 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)ショートケーキクッキー
 
COWKEY’S COOKIES(コーキーズクッキー)ショートケーキクッキー パッケージ
▲パッケージがめんこい(※)!7箱でワンホールのケーキみたいになります

 
北海道らしい生クッキーとなまら(※)めんこいパッケージ。誰かにプレゼントしたくなりませんか?
 
 ※めんこい:北海道弁で「かわいい」という意味です。※なまら:北海道弁で「とても」という意味です。

 

COWKEY’S COOKIES 問い合わせ先

TEL / 0120-590-506
営業時間 / 9:00~17:00
定休日 / 土日祝

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 新感覚のしっとり食感。「コーキーズ 生(レア)クッキー」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close