毎日18時は点灯&花火!2014はこだてクリスマスファンタジー開催中

毎年クリスマスシーズンになると、函館のベイエリアに、それは大きなツリーが設置されるのをご存じですか?それが「2014はこだてクリスマスファンタジー」。
 
ツリーは、函館の姉妹都市、カナダのハリファックス市から毎年届けられる本物のもみの木。高さが約20メートルもあり、近くに行くと、その大きさに圧倒されます。
 
 
写真提供:函館国際観光コンベンション協会
 
 
設置されているのは、赤レンガ倉庫群のあるベイエリアの会場。もみの木は約10万球の電球でドレスアップし、暗闇に幻想的に浮かび上がります。
 
 
写真提供:函館国際観光コンベンション協会
 
 
イベント期間中は、毎日18時から点灯式が行われます。会場が一体となってのカウントダウンに合わせて前述の電球が点灯するのですが、同時に、大輪の花火も打ち上がります。これが美しく感動的。幸福感でいっぱいの時間を過ごせますよ。
 
昨年の様子はこちら↓


 
 
 
21日(日)にはこの点灯式に、リボンちゃんが登場。「サッポロビール presents クリスマスファンタジー」として点灯式や抽選会を行う予定です。
 
 
写真提供:函館国際観光コンベンション協会
 
 
会場には冷えた体を温めるスープバーが並び、参加店舗がそれぞれ工夫したスープを用意しています。トマトベースやクリームベース、ブイヨンベースなど10数種が揃い、どれもおいしそう。迷ってしまいます。
 
 
写真提供:函館国際観光コンベンション協会
 
 
この時期は、金森倉庫や周辺の施設もクリスマスの装飾で彩られ、日没とともにライトアップされます。異国情緒あふれる函館市の魅力がパワーアップ!暖かい恰好でおでかけし、きらきらと輝く夜の町のお散歩をお楽しみください。