グッズ情報も掲載!北斗市公式キャラクター ずーしーほっきー

〝キモかわ〟キャラとして人気の北斗市の公式キャラクター、ずーしーほっきーを紹介するホキ!何を考えているか分からず、性格も性別も不明のずーしーほっきーですが、市長から市の宣伝隊長として辞令をもらっている立派な公務員。全国に北斗市をPRすべく精力的に活動中です。
 
 
 
 
道南の北斗市は、2016年3月に開業予定の北海道新幹線の終着駅、新函館北斗駅ができるまち。駅舎は現在建設中です。
 
そんな市の公式キャラクターとして、ずーしーほっきーが誕生したのは、2013年11月27日。
 
市と公立はこだて未来大学の協働プロジェクトとして、大学の生徒たちが市民の声を参考にしながらデザイン。5つの候補の中から、市民投票で選ばれました。ちなみに票数は、総数8,951票のうち、2,914票を獲得したそうです。
 
 
 
 
〝キモかわ〟なその姿のモチーフは、ほっき寿司。背中がほっき貝で、お腹がお米のふっくりんこ。いずれも北斗市の特産品です。
 
 
 
 
市長から市の宣伝隊長として辞令を受けている公務員であるため、様々な場面で市のPR活動をしています。
 
とある職員は、「意外とリズム感がいいんです」とずーしーほっきーを語ります。イベントなどで、北斗市のローカルアイドル、北斗夢学院桜組の歌に合わせて踊る姿が、なかなかイケているとのこと。これは要チェックですね!
 
なお、ホキホキホキホキー!という鳴き声や、語尾にホキホキをつける話し方が知られていますが、普段は身振り手振りや、部下である北斗市宣伝隊員を通じて会話しています。
 
 
 
 
そんなずーしーほっきーのグッズは、北斗市役所のお向かいにある、上磯事務器で売っています。
 
オーナーがデザインしているというグッズは、缶バッジ、クリアファイル、ボールペン、バッグ、携帯ストラップ…などなど種類が豊富。その一部を、お見せしましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、デザインをしたオーナーのいちおしは、ずーしーほっきーの後ろ姿が描かれたグッズ。その愛らしい姿に、思い入れがあるのだといいます。
 
 
 
 
これらのグッズはWebでも買えるので(URLは文末に記載)、ファンはぜひ(FUKKOは取材の帰りに大人買いしました)。
 
 
 
 
新幹線開業でますます注目の北斗市。宣伝隊長のずーしーほっきーを、これからも
どうぞよろしくホキー!

 

関連記事

津軽半島で北海道新幹線のレールを歩いて来ました!
北海道新幹線H5系車両がモチーフ。サッポロクラシック「北海道新幹線缶」
青森と弘前の人に質問「函館のことどう思っている?」新幹線企画(1)
函館と北斗の人に質問「青森のことどう思っている?」新幹線企画(2)
新函館北斗駅エリアにある「パンとお菓子の店 コワン」
地元発祥ふっくりんこの米粉使用。もっちり食感♪ずーしーほっきーエクレア