2014年11月19日 | 孫田 二規子

新函館北斗駅エリアにある「パンとお菓子の店 コワン」

2016年3月に予定されている北海道新幹線開業に伴い、新しく北斗市に誕生する新函館北斗駅。この町にある「パンとお菓子の店 コワン」を紹介します。
 
 
パンとお菓子の店 コワンのパン
 
 
北斗市は、函館から車で約20分~30分。そして「パンとお菓子の店 コワン」は、新函館北斗駅から車で約7分の場所にあります。
 
 
パンとお菓子の店 コワン
 
 
店舗は、アンティーク風のしつらえ。店名の「コワン」とは、フランス語で「マルメロ」という意味です。そしてマルメロは、北斗市の果物。町の随所で木を見かけました。柑橘系のとてもいい香りを放ちます。
 
 
マルメロ
 
 
店はオーナーの中村秀文さんが、ひとりで切り盛り。朝3時30分から仕込みをはじめ、毎日20数種類のパンを焼いています。
 
 
オーナーの中村秀文さん
▲オーナーの中村秀文さん
 
 
パンとお菓子の店コワンの内観
 
 
パンは甘い系からハード系までが揃い、材料は、北海道産はもちろん、国内外の小麦や、イーストや自家製酵母、酒種などをパンに合わせて使い分けています。
 
 
ベーコンエピ
 
 
おすすめは、季節毎のフルーツのデニッシュ。サクッとだけどしっとりとした食感で、フルーツの酸味や甘みが口の中いっぱいに広がります。
 
 
フルーツのデニッシュ
 
 
実は北海道でも比較的温暖な北斗市では、前述したマルメロの他にもフルーツの栽培をしており、こちらのデニッシュやお菓子に使われることがあります。
 
 
コロネやパイ
 
 
また、クロワッサンは焼きがしっかりしており、小気味よくサクサクパリパリ。おいしいです。
 
 
クロワッサン
 
 
チョコクロワッサン
 
 
これからますます注目を集めそうな、北斗市。遊びに行った時には、ぜひ、ここにもお立ち寄りください。ドライブのおやつにするほか、天気のよい暖かい日は、ピクニック気分で、ロケーションのいい公園で味わうのもおいしそうです。
 
 
パンとお菓子の店コワンの内観
 
 

関連記事

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 新函館北斗駅エリアにある「パンとお菓子の店 コワン」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)