青森と弘前の人に質問「函館のことどう思っている?」新幹線企画(1)

今年10月に「H5」系の車両が函館に上陸するなど、2016年3月の開業に向けて、いよいよ現実味を帯びてきた北海道新幹線。開業後は道南と青森県がグンと近くなるわけですが、道南と青森県の関係性って?青森県の人は函館をどう見ている?青森と弘前在住の4人に話を伺いました。
 
 
 
 

「函館は隣町、という意識。ラッキーピエロ、大好きです」

 
 
「その昔、青函連絡船で函館に行くと4時間かかったものですが、それでも個人的には函館は隣町、という意識が強いですね。年に一度は遊びに行っていますよ。ラッキーピエロ(函館の有名ハンバーガー店)、大好きです(笑)」。
 
 
 
 
「函館の言葉は北海道でも少し異質ですよね。私は津軽弁に近いと感じています。青森からも結構な数の人が移り住んでいますから、その名残でしょうね。
また近年では、青函連絡船でも人と物が交流していました。実は、私の父はその船に郵便を積む仕事をしていたんですよ。その関係もあって、私にとって函館は本当に身近。これからますます近くなりますね。いろいろな意味で楽しみです」。
 
 

「弘前の人は函館が好き。新幹線は停まりませんが、遊びに来てください」

 
 
「弘前の人は全員と言っていいほど、函館が好きですよ。青森県内の小学校の修学旅行の行く先はほぼ函館。その時の印象が強く残っているのでしょうね。おそらくは親元を離れての初めて旅行で、海を渡って、異国情緒溢れるきれいな町に行くわけですから、センセーショナルですよね。どこか、憧れに近い気持ちも持っていると思います。
明治時代には一瞬だけ、松前までが弘前県だったこともありますし、弘前大学にも函館から来ている学生がたくさん。とても近しくも感じていると思いますよ」。
 
 
 
 
「新幹線開業への期待は大きいです。今後は青森県と道南とが一体となり、津軽海峡交流圏として、全国区で注目を集めていきたいですね。
弘前の人間は自分たちの町をとても愛していて、青森県に来たらぜひ寄って欲しいと思っています。新幹線は停まらないけれど、青森からJRで40分です。みなさん、弘前にも遊びに来てくださいね」。
 
 

「〝遠くの親戚〟から、〝同じ市内に住む兄弟〟に変化してきた感じがします」

 
 
「これまでも青森県と道南は、距離だけでなく心理的にも近かったのですが、北海道新幹線開業を控えて、さらに密接になってきた感じがします。年に1回会っていた遠くの親戚、という関係から、同じ市内に住む兄弟、に変化してきている感じです。
近くなって、こちらから函館に出かける回数が増えれば、松前や江差、奥尻など周辺にまで足を伸ばせます。行動範囲が広がり、旅の選択肢が増える。これはとても嬉しいことですね。
下北半島に住む方の中には、函館の病院に通院したり買い物に行ったりする方もいらっしゃいます。北海道新幹線が開業することによって、こうした青森県と道南の行き来が、もっと増えてくるかもしれませんね」。
 
 

「仙台に行くより、函館に行く方が緊張しません」

 
 
「旅行に行こうという話になった時に必ず候補にあがるくらい、函館は身近な町です。仙台に行くよりも函館に行く方が、緊張しない(笑)。言葉のイントネーションとか似ているところがあって、安心できるのかも知れません。
今年、北海道新幹線開業に向けて、津軽海峡交流圏の地域おこしをしようと、エリア内の女性で、〝津軽海峡マグロ女子会〟を結成しました。その活動を通して知人友人が増えたおかげで、今は、道南に行くと会える人がいて、行きつけの店もできた。それがなんだかいいんですよね。
新幹線開業後の津軽海峡交流圏の人間は、仕事、学校、レジャーなど、あらゆる行動や、交流の幅が広がる気がします」。
 
 

関連リンク

津軽海峡マグロ女子会
 
 

 

関連記事

津軽半島で北海道新幹線のレールを歩いて来ました!
北海道新幹線H5系車両がモチーフ。サッポロクラシック「北海道新幹線缶」
函館と北斗の人に質問「青森のことどう思っている?」新幹線企画(2)
新函館北斗駅エリアにある「パンとお菓子の店 コワン」
グッズ情報も掲載!北斗市公式キャラクター ずーしーほっきー
地元発祥ふっくりんこの米粉使用。もっちり食感♪ずーしーほっきーエクレア