クリスマスに届けよう♪広尾サンタランド「ひろおサンタメール」

 
 
2014年のクリスマスシーズンが近づいてきました!子供へ、大切な人へ、北海道からクリスマスカードを贈りませんか?“サンタランド”広尾町のサンタが、愛と夢いっぱいのサンタメールを届けてくれますよ♪
 
 

広尾町はサンタランド認定30周年。サンタメール申込み受付け中

十勝の南端にある自然豊かな広尾町。1984年にサンタクロースの故郷、ノルウェー・オスロ市から国外初のサンタランドに認定された「広尾サンタランド」は、誕生から2014年で30周年を迎えました。
 
ノルウェー・サンタランドをお手本に始まったサンタメールは、子供たちへ愛と夢を届ける広尾サンタランド独自のクリスマスカード。これまで国内外に約202万通を送っているそうです。
 
カードのデザインは毎年変わり、絵はイラストレーター・絵本作家の永田萠さんが担当。広尾サンタランドのサンタからのメッセージも綴られています。
 
 
 
 
サンタメールは、広尾サンタランドのホームページ(下記に記載)から申込みできます。1通500円で、申込み締切りは海外宛が11月20日、国内宛が12月10日です。
今年はサンタランド認定30周年特別企画として、サンタメールを申込んだ人の中から抽選で30名にオリジナルグッズセットのプレゼントがあるそうですよ。
 
 
 
 

約15万球の光が灯る広尾サンタランドイルミネーション

広尾町へは帯広市から車で1時間30分ほど。広尾サンタランドのシンボルゾーン・大丸山森林公園にはメインツリーをはじめ、サンタの鐘、サンタの家、サンタの部屋、初夏から秋に花咲くサンタの丘などがあります。
 
毎年10月の第4土曜日にツリー点灯式が行われると、「広尾サンタランドイルミネーション」がスタート。木々や建物などに飾られた約15万球の光が暗闇に浮かび上がり、公園は幻想的な雰囲気に包まれます。
 
 
 
 
 
 
サンタメールを送り届けてくれるサンタのまちを、一度訪れてみませんか。
 
 
 
 
札幌市内の「サッポロファクトリー」アトリウムには、今年の冬も広尾町から贈られた高さ約15mのトドマツのジャンボクリスマスツリーがお目見え。12月25日までの毎日16時から22時までイルミネーションが点灯します。札幌でクリスマスツリーを見るならこちらへ。きれいですよ!