まるごと北海道!うまいもん味覚祭~11月は上川総合振興局

 
 
サッポロライオン×北海道全14の総合振興局・振興局のコラボイベントが、3月から来年4月まで14ヵ月連続で開催中です。これは、北海道地区のサッポロライオン8店舗で、北海道内14の総合振興局・振興局の中から、月替わりで一つの振興局をクローズアップし、その振興局の自慢の食材を、サッポロライオンがおいしいメニューにして提供するというもの。同時に、地域PRや観光名所も紹介します。
 
11月は上川総合振興局。北海道のほぼ中央に位置する南北に細長いエリアで、旭川、富良野、美瑛など、道内外だけではなく、海外でも人気の観光スポットがあります。大雪山国立公園があるのも上川総合振興局です。夏のラベンダー、温泉郷、アウトドアレジャー、そして豊かな大地の恵みなど、北海道らしい魅力にあふれています。
 
今回料理をつくってくれたのは、すすきのにある「海鮮居酒屋おおーい北海道すすきの店」。すすきののど真ん中にあるので、地元の人はもちろん、観光客でいつも賑わっています。
 
北海道Likersで紹介した「おおーい北海道」はこちら↓
「北海道の森に乾杯!」ビールを飲んで北海道の森を元気にしよう
 
1品目は、上富良野町から「地養豚の味噌トンテキ」。見てください、この肉の大きさ、厚み!これは食べ応え満点!味噌の風味が食欲を刺激し、「ビール、ビール!」とついついおかわりしてしまいそう。
 
 
 
 
 
 
2品目は、剣淵(けんぶち)町の「九重栗(くじゅうくり)南瓜チーズ焼」です。九重栗南瓜は、南瓜の中でも特にホクホク感があるのが特徴。ライオンの人気メニュー「チーズ焼」に、その九重栗南瓜を加えてグレードアップしました。あっつあつ、ホックホク、チーズがとろり…。冷たいクラシックが合います!
 
 
 
 
 
 
 
 
3品目は、きのこ王国愛別(あいべつ)町の舞茸を使ったヘルシーメニュー。「上富良野地養豚と舞茸のマリネおろしポン酢」です。あっさり、さっぱり食べられる一皿。サラダ感覚でどうぞ。
 
 
 
 
4品目は、上富良野町の「地養豚の葱巻き」。脂の甘味までもがおいしい豚肉で葱を巻き、そこに塩ダレをかけました。この塩ダレがポイントで、豚肉のうま味を引き出しています。
 
 
 
 
「海鮮居酒屋おおーい北海道すすきの店」は、札幌市営地下鉄南北線「すすきの」駅下車。3番出入口を出たら右に行くとすぐにすすきの交番があり、その隣のビルです。ビルの上に「北海道はサッポロビール」という大きな看板があるので、札幌初心者でも迷うことはないでしょう。
初冬の札幌は、だんだん寒さが厳しくなってきますが、店内は快適。チラチラ降る雪を眺めながら、上川総合振興局の味覚とサッポロクラシックで、札幌の夜を楽しんでください。
 
 
 

まるごと北海道!うまいもん味覚祭

http://www.sapporobeer.jp/area/hokkaido/umaimon/index.html
※開催店舗など詳細はHPをご覧ください。
 

上川総合振興局

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/