〈保存版〉男性向け北海道服装指南!11月~12月は何を着て行けばいい?

出張や旅行などで11月~12月に北海道に来られる道外の男性のみなさんに向けて、適切な服装をイラストと文章でご紹介します! 天気予報で雪だ氷点下だと聞いても、どれくらい寒いのかは実感として湧きませんよね。何を着て行ったらよいのか迷っているあなたにお届けします!
 

1月~2月 真冬の北海道服装指南はこちら↓

男性向け
女性向け
お子様向け
 
 
 

寒がりさんは、機能性インナーを

11月になると最低気温は限りなくゼロに近い一桁の日々が続き、下旬になるともうマイナス。最高気温も5℃以下が日常となり、雪が散らついたり、積もる日が出てきます。
 
そして12月中旬以降は根雪を迎え、完全に冬にシフト。こうなると朝晩の冷え込みは本当に閉口もので、寒いのが当たり前の毎日が3月まで続きます。
 
そんな中、11月の道産子は冬本番(12月中旬以降)に備えてわりと薄着でいる人も多いのですが、道外から来られる寒がりさんにはちょっと酷かも知れません。寒いのが嫌、という方には、機能性インナーの着用をおすすめします。トップスだけ、またはボトムスだけでも全然違うと思いますよ。体が冷えずにすみます。
 
 

スーツは秋冬物。12月下旬にはベスト着用

そしてスーツは秋冬物を。12月中旬以降は、ジャケットの下にベストを着るのも得策です。最近は背中だけがウール素材になったものなど、おしゃれで暖かいものも増えています。上手にご活用ください。
 
 
 
 

道産子は厚手ウールは12月中旬以降ですが… 

薄手のウールのトップスやコーデュロイやウール、ネル素材などのボトムは、11月下旬から違和感なく着用できます。トップスはインナー+薄手のセーター、インナー+シャツ+カーディガンなど2~3枚の重ね着がちょうどいいです。
 
道産子はセーターなど太い毛糸のウールは、12月中旬以降に着用するケースが多いのですが、寒さに慣れていない方なら着てしまった方が風邪を引かずにすみます! 暑いということはないので大丈夫です。
 
 

アウターは12月中旬以降に冬用にチェンジ

アウターは、ビジネスコートにライナーを装着したり、風を通さないナイロンの上着(裏地のあるもの)、しっかり厚手の綿コートでOK。
 
また11月中旬までなら、アウターを少しだけ薄めにして、パーカーや厚手カーディガンなど着脱しやすいアイテムを重ね着しておくのも便利です。
 
とはいえ、12月中旬からはダウンやウールなど完全な冬物に切り替えを。
 
 
 
 

靴も冬仕様で

足元は、間違ってもスニーカーはNG。11月でもチラホラと降る雪が染みこみ、足が容赦なく冷たくなります。靴も冬用、つまりは靴の裏が滑らないタイプを履いてきましょう。靴下も甘く見ず、夏用のサラッとした薄い麻のタイプなどは選ばないようご注意を! 12月下旬はウールでOKです。
 
 

あったか小物も活用しよう

手袋やマフラー、イヤーマフなどもあった方が絶対に暖かいです。ポイントは体を冷やさないこと。東京の5℃と北海道の5℃は空気のひんやり感が違います。なめてかからず、しっかり防寒をしていらしてくださいね!