原作者モンキー・パンチ氏の故郷、浜中町でルパンに会う

 
 
北海道東部にあり太平洋に面した風光明媚な浜中町は、アニメ「ルパン三世」の原作者モンキー・パンチ氏が生まれ、19年間を過ごしたまち。TVスペシャルアニメ「ルパン三世 霧のエリューシヴ」の舞台にもなっています。
 
2011年からは、「ルパン三世 はまなか宝島プラン」を始動。まちにはルパンとその仲間達が出没しているとのこと、見に行ってきました。
 
その一部を紹介しますね。
 
 

峰不二子のパブ!? バーチャル店舗が並ぶ!

霧多布市街地の「ルパン三世通り」には、「ルパン三世」に登場する主要キャラクターのバーチャル店舗があります。
 
例えばこれ、見て下さい。なんとなんと、ありそうでなかった峰不二子のパブです!
 
 
 
 
壁には「ルパン以外お断り」と書いた貼り紙が…。なんて芸が細かいんでしょ!
 
また、はす向かいには映画館も。
 
 
 
 
奥には近日上映予定の映画の看板のあるのですが、タイトルは秘密(現地で確かめてね)。漁業の盛んな浜中町らしさ全開のとても見てみたくなる内容です!
 
他には次元の店もありました。

 

かっこいい! ルパンタクシー&バス

乗り物もルパン仕様にラッピングされています。
 
まずはタクシー。
 
 
 
 
そしてバスも。路線バスとして普通に走っていてびっくりしました。
 
 
 
 
JR花咲線の釧路~根室間を走る車両(キハ54型気動車)もルパンラッピングされているそうですが、残念ながら見ることができず。
 
みなさんはどうぞ、乗ってみてください!
 
 

クリアファイルなど、浜中町限定のオリジナルグッズ

「霧多布温泉ゆうゆ」やセイコーマート、一部の宿では、浜中町限定のオリジナルグッズを売っていました。メモ帳や携帯ストラップ、ステッカー、タオル、Tシャツ…。とてもたくさんありました。
 
 
 
 
FUKKOは仕事で欠かせないクリアファイル全3種を大人買い(写真はそのうち2種です)。
 
 
 
 

駅にもルパン一味が!?  

浜中町内にある3つのJR駅にもルパン一味がいるというので車を走らせました。
 
はい、いました。まずは次元と五エ門です。
 
 
 
 
そして駅の中には、切符売りの?不二子ちゃん。
 
 
 
 
もちろん、ルパンも。
 
 
 
 
パネルと並んでパチリとできるナイスな写真スポットです。駅のホームにも隠れているので、くまなく回ってみるべし!です。
 
 
ここで紹介したルパンスポットは、浜中町役場などで配布している宝島マップに明記されています。ルパンを探すまち歩きの時は、それを参考にしてくださいね!
 
 
 
 

関連記事

絶景を味わう!風光明媚な浜中町の岬&展望台巡り
景色がみるみる変化!砂でできた島、根室春国岱を歩く
タンチョウとの出会いも!秋の霧多布湿原散策
秋は太平洋の生サンマがおいしい!浜中町「寿し ひらの」
自社牧場の牛乳から生まれた味「おおともチーズ工房」
ルパンの原稿に感動!浜中町「モンキー・パンチ・コレクション」