「札幌国際芸術祭2014」は9月28日(日)まで!

※この記事は2014年のものです。
 
最新情報については公式サイトをご確認ください。
札幌国際芸術祭
*******************


2014年7月19日(土)~9月28日(日)まで、札幌市内各所で「札幌国際芸術祭2014」(以下、SIAF2014)が開催されています。都市、自然、歴史文化、科学、エネルギー、インフラといった様々な視点を織り交ぜた展示やプロジェクトが行われています。難しいことは考えず、札幌の街を知るアートフェスティバルとして楽しんでみてはいかがでしょうか。公共施設での展示が多いので、無料で楽しめるものや、会場間の無料シャトルバスもあります。
 
といってもちょっと難しいのが「アート」の分野。作品鑑賞のヒントも織り交ぜて主な会場の様子をご紹介します。
 
 

会場の種類を大きく分けると3つ

・大きな芸術作品が展示されている主な会場は、北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、モエレ沼公園(ガラスのピラミッド)
 
・歴史的建造物の見学も一緒にできる、北海道庁赤れんが庁舎、札幌市資料館、清華亭
 
・札幌の地下空間を活用した会場は、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)、札幌大通地下ギャラリー500m美術館
 
SIAF2014の会場は広域にわたっていますが、札幌市内の施設が長期間にわたって同時期に特別展示をすることはめったにありません。中心部から離れていてなかなか行くチャンスのない施設にも無料のシャトルバスで行くことができます。SIAF2014に行ったついでに、公園や街の散策、観光、食事など秋の札幌の街めぐりをぜひ楽しんでください。
 
 

無料のシャトルバスが便利

札幌市内中心部、大通公園5丁目の北側からは、農業体験ができる観光施設「サッポロさとらんど」を経由し、「モエレ沼公園」まで行くことができます。
 
北海道立近代美術館~札幌市資料館~大通西5丁目~芸術の森入口~芸術の森センターを結ぶシャトルバスも無料です。札幌芸術の森へ行くルートは、札幌の歴史や地形形成に関わる重要な存在、「豊平川」沿いを走ります。参加アーティストの多くが札幌の水脈からインスピレーションを得ていますので車窓からの眺めもご覧ください。
シャトルバス時刻表
 
 

雲海が出現?!札幌芸術の森美術館

札幌芸術の森美術館には、自然をテーマにした作品が展示されています。
 

中谷 芙二子「FOGSCAPE #47412」

中谷さんは世界各国で人工霧を使った作品を発表しています。今回は故郷・札幌での新作の霧の作品で、「47412」というのは札幌の気象観測所を示す国際地点番号です。10時~17時の間の00分・30分から8分間霧が発生します。あっという間に白い霧に包まれ、少し慌ててしまうくらい。
 
 
 
 

栗林隆「ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)」

流氷から頭を出すアザラシのような気分で穴から頭を出すと、そこには和紙でできた林が。北海道ではよく見かける白樺の木にも見えます。
 
 
 
 

宮永愛子「そらみみみそら(mine・札幌)」

ここではじっと耳を傾けてみてください。これは陶器にヒビが生まれる音を感じる作品です。音が聞こえたということではなく、重要なのは「耳を澄ましてみる」ということ。そこには、今立っている場所、流れている空気に耳を澄ましている自分がいることに気が付くでしょう。札幌の円山にある工房を借りて焼いた陶器には、札幌の鉱山の跡地で採取した地下水が使われています。札幌の水がどこから来ているのか、そこにはかつて何があったのか、札幌の都市の変遷についても思いを巡らせてほしい作品です。
 
 
 
 

松江泰治「JP-01 SPK」

2013年の夏から冬に札幌で撮り下ろした新作の写真です。自身も幼少の頃、札幌に住んでいたことがあるそうです。雪国の街の姿や豊かな自然の季節変化といった、札幌の都市と自然が精密に写し取られた作品です。「この写真は100年残したい。札幌の素晴らしさを再認識してほしい」という思いで撮影した松江さんの本も出版されています。
 
 
 
 
美術館内の作品をいくつか紹介しました。また、同じ敷地内の札幌芸術の森野外美術館にもSIAF2014の作品があります。その他、野外美術館は広大な敷地に64作家73点の彫刻作品を常設展示しているので、そちらも併せて楽しんでみてください。
 
【これからの関連イベント】
9月20日(土)・23日(火・祝)には、札幌芸術の森美術館の夜間開館が行われ、霧の彫刻も20時までライトアップされます。前回は幻想的な空間が大変好評でしたので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
札幌国際芸術祭2014 ニュース
 
 

札幌の中心部で都市・近代・古代を感じる

北海道立近代美術館には、北海道と世界「都市化・近代化」を現す作品が展示されています。
 

岡部昌生「北海道炭鑛汽船真谷地炭鑛電力所遺構」(床面)/「雄別炭礦病院屋上遺構」(壁面)

凹凸のあるものに紙をあてて鉛筆で擦り取るフロッタージュという手法の作品です。強化ガラスに覆われた足元には夕張市の発電所の床、壁にあるのは釧路市の雄別の建物の屋上で、いずれも炭鉱の遺構です。都市の記憶を視覚と触覚で感じるだけでなく、手作業の制作の追体験を足の裏からも感じ取ってみてください。
 
 
 
 

スボード・グプタ「ライン・オブ・コントロール」

インドの現代アート界を牽引する作家の作品で、インドの都市の発展や紛争などで押さえつけられていた人間の欲望が噴出した様子が表現されています。この作品が作られたのはインドとパキスタンの国境紛争が盛んな時期。生まれた国や時代背景など、作家についても興味を持つと紐解けることが更に多いと思います。
 
 
 
 
2階の展示室にも、札幌芸術の森美術館に霧の作品を出展した作家、中谷 芙二子さんの父でもあり、雪の結晶の研究の第一人者・中谷宇吉郎さんの研究展示などが行われています。
 
美術館向かいにある面白いブースが「携帯電話と石器を交換する」。島袋(しまぶく)道浩さんの作品でもあります。並んでいるのは(財)北海道埋蔵文化財センターから借りた本物の石器。片時も手放せない存在になった携帯電話を、散策や美術館鑑賞のちょっとの間だけ石器と交換してみてください。落ち着かない時間が過ぎるかもしれませんが、昔の人にとっても石器は欠かせないものだったはず。
 
 
 
 
島袋道浩さんの作品は、北海道庁赤れんが庁舎前に新設された「札幌市北3条広場」にもあります。平取町二風谷地区から、北海道の名石の一つと言っても過言ではないという大きな石を運び入れて設置した「一石を投じる」という作品です。自然のままの状態なので、草が生えていたり、穴が開いていたりします。
 
 
 
 
【これからの関連イベント】
9月27日(土)、島袋道浩さんの名前が「シマフクロウ」に似ているということから交流が始まった、根室市在住のシマフクロウ研究者・山本純郎さんとのトークイベントがあります(会場:札幌市資料館)。
9月28日(日)、「携帯電話を石器と交換する」について、島袋道浩さんと北海道埋蔵文化財センターの藤井浩氏さんの対談があります(会場:札幌市資料館)。
 
 

公園全体も一見の価値あり、モエレ沼公園

彫刻家イサムノグチがデザインしたモエレ沼公園は施設全体がアート作品ともいえます。園内にあるガラスのピラミッドの中にSIAF2014の作品が展示されています。
 
 
 
 
ゲストディレクターの坂本龍一とPerfumeの舞台演出サポーターも手掛ける真鍋大度によるコラボ作品「センシング・ストリームズ―不可視、不可聴」。携帯端末などさまざまな周波数帯の電磁波を感知(センシング)し、そのデータは映像と音に変換され、4Kの巨大ビジョンに現れます。
 
その他にも、札幌や道内をはじめ国内外11カ所の樹木に設置されたセンサーから樹木データを音楽として聞くことができる「坂本 龍一 + YCAM InterLab『フォレスト・シンフォニー in モエレ沼』」などもあります。機材が虫に食われたり動物や子どもが線を抜いてしまうハプニングもあり、そのたびに直しに行かなくてはいけない、という道内の木の保守をしているスタッフの苦労も。
 
毎週土曜日は19時まで作品公開時間が延長されています。
 
 

子どもがいるなら、札幌市資料館

札幌市資料館は、大通公園の西端にあり、大正15年に札幌控訴院として建てられた札幌で採掘された「札幌軟石」が特徴の建物です。普段は札幌の歴史などを展示していますが、SIAF2014期間は館内がとても賑やかに。子どもには、ストーリーを創造して絵本を作る「サッポロ・エホン・カイギ」や、走り回ることができる裏庭の「コロガル公園 in ネイチャー supported by 札幌丸井三越」がおすすめ。お金の代わりに、「得意なこと」を預けたり、引き出したりできる「とくいの銀行」、期間限定カフェなどユニークな展示や企画も行われています。
 
 
 
 

この機会に歴史的建造物めぐり

SIAF2014は、北海道庁赤れんが庁舎、札幌市資料館、清華亭といった、普段は観光施設として開放している歴史的建造物が会場になっているのも特徴のひとつ。SIAF2014をきっかけに、初めて中に入ったという人も多いようです。
 
 
 
 
【これからの関連イベント】
9月23日(火・祝)には、「伊福部昭 レコードナイト」と題し、ご息女の伊福部玲さんを招いて貴重な音源を鑑賞する参加無料の企画が行われます(会場:札幌市資料館)。
札幌国際芸術祭2014 関連プログラム
 
 

移動の途中に芸術鑑賞

札幌の地下空間を活用した展示もあります。札幌の地下水脈にスポットを当て、過去から現在の様々な流れを可視化した作品を展示する、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)の「センシング・ストリームズ」や、札幌や北海道にゆかりのある作家たちの作品を展示する札幌大通地下ギャラリー500m美術館の「北海道のアーティストが表現する『都市と自然』」を見ることができます。いずれも市内中心部にあり、地下鉄1駅分・徒歩時間約10分~15分ほどの通路に作品が並んでいますので、空いた時間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
過去を振り返ったり、感じたり、読み取ったり、参加したり、と五感を刺激する企画が多い「札幌国際芸術祭2014」は、9月28日(日)まで。「ジュニアガイド」という子ども向けの作品紹介パンフレットがとてもわかりやすい解説なので、美術館などで見かけましたらお手にとってみてください。
紹介しきれなかった作品やプロジェクトがたくさんありますが、まだまだ色々な企画も行われますので、SIAF2014に関する詳細は公式サイトでご確認ください。
 
 

札幌国際芸術祭2014

札幌国際芸術祭2014
Facebook
 
・開催期間 2014年7月19日(土)~9月28日(日)
・会場 北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)、北海道庁赤れんが庁舎、モエレ沼公園、札幌市資料館、札幌大通地下ギャラリー500m美術館
※各会場ごとに開館時間(作品鑑賞時間)・定休日が異なります